徹底比較!ITフリーランスの案件紹介におすすめのエージェント8選

ITフリーランスの案件紹介におすすめのエージェント

フリーランス(個人事業主)として独立・開業したら、案件や取引先の開拓・交渉・契約は基本的に自分一人で行う事になります。 しかしながら、会社員(サラリーマン)時代にこのような交渉ごとを行って来なかったエンジニアやデザイナーは苦手としているスキルかと思います。最初は仕事欲しさに安請け合いをしてしまう事も出てくるかもしれません。 もしそう感じているフリーエンジニアやデザイナーさんでしたら、無理して自分で不向きな営業をして案件を取ってくる必要はありません!

Webディレクターも、事業会社の自社サービスやアプリ運営をされている部署、もしくはプロデューサーとの分業がしっかりされていた環境でしたら営業は経験されていらっしゃらないと思います。 最近は、フリーランサーは全人口の10%を占めるほどにまで増えてきていると言われ、フリーランス(個人事業主)のエンジニアは勿論、Webデザイナーや、なんとWebディレクターに至るまで、IT系・Web系のフリーランス募集案件を紹介してくれたり、希望を言うと案件開拓をする営業をしてくれる営業力が高いエージェントも増えてきました。さらに単価交渉も行なってくれます。いや〜、良い時代ですね〜。

前置き長くなってしまいましたが、本記事では、フリーランスを専門に案件紹介を行ってくれるフリーランスエージェントで、おすすめの会社やサービスをぎゅぎゅっと凝縮して紹介しちゃいます!

記事の目次

フリーランス案件紹介の金額相場(案件の単価)

ITフリーランスの案件紹介にあたって、金額相場はどれくらいなのか。 これは、これからフリーランス(個人事業主)として起業・独立されようと思っている方はもちろん、すでに独立されている方にも関心のある分野ではないでしょうか。 最近ではフリーランス専門エージェントの役員や社員の方、クライアントの方まで色々と情報を聴けるようになってきましたので、そういった情報も元に紹介します。

エンジニアはスキルにもよるが、月に60万円〜200万円くらい

エンジニアさんは割と高単価です。例えばホームページ制作におけるコーディングまわりのみのフロントエンドエンジニアで、JavaScriptやPHPといった動的なコードが苦手であれば、月に60万円前後かなと思います。ただ、ここに動的な表現であったりサーバーサイドも解る・できるとなると単価はあがっていきます。

所感としては、フロントエンドよりサーバーサイドができるエンジニアの方が単価が高いように感じます。また業務系の大規模システムのプロジェクトマネージャーをやってましたとなると、きちんと報酬が支払える会社であれば、100万円は超えていきます。

スタンドアローンで動けることができ、コンサルティング・設計・マネジメントなどができる等となると、さらに高単価が見込めるでしょう。また最近よく聞く、ブロックチェーンやAIという領域において、Python(パイソン)やC#(シーシャープ)といった言語を使って構築経験があるなど、トレンドとなる技術スキルが高い方も高単価になる傾向にあります。この業界は流行りものが大好きな人多いので。特にエンジニアとマーケターは。単月マックス金額で聞いた事あるのは200万円かな。

フリーエンジニアの単価については、私がMidworksを運営する株式会社Branding Engineerの金沢取締役に色々聞いてきた記事が、めちゃ参考になるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

デザイナーは月に60万円〜80万円くらいが多い。ただスキル次第で更に上も!

デザイナーは月に60万円〜80万円くらいが多いかなと思います。 ただ、ここもスキルによりけりで、UI・UXもデザインできるとか、ディレクションもでき、ワイヤーフレームもかけるとか、フロントエンドのプログラムも触れるとかってなりますとさらに高単価が見込めるでしょう。 また、何か大きなプロジェクトや企業案件のデザインを担当したとかバリューのある経験や実績があると、より高単価な金額が見込めます。

Webディレクターは月に60万円〜80万円がボリュームゾーン。あとはスキル次第で高額案件も!

Webディレクターも差が別れやすいところです。 例えば進行管理しかしてこなかったとなれば、月に60万円も見込めないかもしれません。 ただ、スキル次第で高単価の案件は全然あります。 例えば、

  • 複数プロジェクトを平行して回せる。回してきた経験がある。
  • Webサイトだけでなく、ネイティブアプリ等の開発ディレクションも経験がある。
  • 大規模プロジェクト・業務系の開発案件のマネジメント経験が豊富である。
  • クライアントの課題の抽出・解決といったWebコンサルティングもできる。
  • Webマーケティング領域での知識・経験が深い。

など。 エンジニア・デザイナーほど案件の数が多い訳ではありませんが、100万円超え以上の単価になる事も十分に見込めます。 相場の話が少し長くなりましたが、以下にフリーランス専門エージェントを一覧で比較してみました。 どこよりも解りやすいと思いますので、ぜひご覧ください!

フリーランスエージェントの概要を一覧表で比較

フリーランスエンジニアの概要を一覧表で解り易くなるように比較してみました。

エージェント名 案件
(現場)数
フォロー
体制
最高単価 強みのある職種
レバテックフリーランス 人月
160万円
・多種多様なWebエンジニア
・多種多様なWebクリエイター
クラウドテック
(Crowdtech)
人月
150万円
・フロントエンドエンジニア
・Webデザイナー
・Webエンジニア
Midworks
(ミッドワークス)
人月
160万円
・UIデザイナー
・Scala(スカラ)エンジニア
・ブロックチェーン(C#)
・AIエンジニア(Python)
・アプリエンジニア(Swift)
・Ruby(ルビー)エンジニア
PE-BANK
(ピーバンク)
調査中 ・経験豊富なエンジニア
ギークス
(geechs)
調査中 調査中 ・アプリエンジニア
・ゲームエンジニア
・ゲームデザイナー
ITプロパートナーズ 調査中 ・エンジニア
ポテパンフリーランス 調査中 調査中 調査中 ・エンジニア
ザッピーリンク 人月
160万円
・Webディレクター
・ライター
・Webメディア編集者
・アフィリエイター

フリーランスエージェントの手数料(マージン率)と収入

フリーランスエージェントが自分の常駐勤務している企業に請求している金額から手数料(マージン率)を引いた金額が、あなた(働いているフリーランス)の収入(売上)となります。
ただ、実際には、フリーランスであれば、そこから国民健康保険料や住民税を支払う(納める)必要がありますので、売上 = 手取り収入ではありませんので、ご注意ください。

また、フリーランスエージェントによっては、フリーランスの方への支払う時に消費税をごまかして、お支払いされている業者も少なからずあるようです。
私が聞いたフリーエンジニアは、昔、エージェントからこう言われたそうです。

フリーランスは個人なんだから消費税は請求できない!

いや〜、呆れてしまいました…。
そんな業者いまだにあるんですね〜。税務署の職員もビックリですよ〜(笑)。

個人だって全然、消費税は請求できます

自分たちは消費税請求しといて、業務委託契約しているフリーランスの人には請求させない…。
そんな会社は相手にするのやめましょう!

ここで紹介しているエージェントにも、中には消費税含む金額でお支払いはしているエージェントや各種手当てが手厚い業者はあります。ただ、こちらがきちんと消費税は請求できるという前提知識をもって接すれば、消費税が請求できないと言い張るエージェントは無いと思います。だって、法律上、請求できるんですからw。

フリーランスエージェントの対応エリア(都道府県・地域)

フリーランスエージェントが対応・カバーできる地域はまだ全国的には少ないのが現状です。
これは就職・転職などとは異なり、フリーランスに業務委託するという文化が定着していない事と、IT系人材の人手不足は、都市圏が中心である事が挙げられます。

まず、ほとんどのフリーランスエージェントが対応しているのは、東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とした関東の首都圏になります。中でも東京はフリーランス専門エージェントの数が突出しています。
次に多く対応しているのが、大阪・京都を中心とした関西になります。次いで、福岡を中心とした九州になります。
関西と九州エリアに対応しているのは、レバテックフリーランスギークスジョブです。いずれも関西は大阪に支店が、九州は福岡に支店があります。

ギークスジョブについては、名古屋にもサテライトオフィスがあるみたいですね。

フリーランスエージェントの特徴を一覧表で比較

続いて、フリーランスエンジニアの特徴についても、一覧表で解り易くなるように比較表にしてみました。

エージェント名 特徴
レバテックフリーランス ・参画できる案件(現場)数は業界ナンバー1の豊富さ!
・自分が参画したい企業へアプローチも可能!
・平均年収801万円!・女優の杏さんがイメージキャラクター&JRなどで広告宣伝もしておりメジャー感があり安心できる!
クラウドテック ・クラウドワークスが運営するエージェント
・信頼を醸成すると、リモートワークも許可される案件がある!
Midworks(ミッドワークス) ・正社員と同じように社会保険を貰いながらフリーランスができる!
・週2や週3の現場、リモートワーク可能、在宅ワーク可能など多様な案件を豊富に保有している!
・フリーランス同士の情報交換飲み会(交流会)がある!
PE-BANK(ピーバンク) ・登録者の年齢層が比較的高い。
・業務系案件に強い。
・定期健康診断/セミナー/資格試験の補助金が出る。
・確定申告(青色申告)のフルサポートがある。
ITプロパートナーズ ・週2や週3の現場がある。
ポテパンフリーランス ・独自ルートの案件を抱えている!
・技術の分かるエージェントがサポートしてくれる!
ギークス(geechs) ・ゲームやアプリ開発の会社に強い!
ザッピーリンク ・Webディレクターに強い!
・Webディレクターの単価であれば業界最高水準!
・多様な働き方な案件を紹介可能!
手持ち求人は少ないが社長の人脈ある企業に、推薦型で直接アプローチしてくれる!
・社長自らフォローしてくれる!
・社長が現役Webディレクターの為、現場の悩みがめちゃくちゃ理解できている!
・フリーランスの紹介制度がある!
被紹介者が案件参画後3ヶ月勤務すると、紹介者に10万円の謝礼をお支払いする制度です。
・独立/開業支援サポートも可能!

単価の高い高額な案件を紹介してくれるエージェント

まず単価の高い高額案件を紹介してくれるエージェントから、ご紹介させていただきます。

レバテックフリーランス(レバテック株式会社)

レバテックフリーランス(レバテック株式会社) 何といっても、フリーランス案件紹介専門エージェントのパイオニア的企業と言えば、レバテック株式会社の運営するレバテックフリーランスでしょう。 100万円超えの案件も多数あり、最高単価は160万円と高額なんだとか!!

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴としては、

  • 3万6700人のエンジニアが選ぶフリーランス専門エージェントである。
  • 平均年収が801万円と高額(高単価)である。
  • 過去最高単価の案件が月額160万円と高額である。
  • 月間の新規案件数が400件以上と豊富である。
  • 顔合わせにコーディネーターが同席してくれる。
  • 多くのフリーエンジニアが単価アップを実現できている。
  • 週2日や週3日の常駐案件からフル常駐まである。
  • 東京・大阪・福岡と全国3箇所に拠点を持っている。

といった点になります。

レバテックフリーランスの参画事例

レバテックフリーランスのフリー転向キャリア一例

エンジニア・クリエイター向け勉強会&交流イベントも!

また、レバテック有するレバレジーズの入居している渋谷のヒカリエ内のオフィスでは、ヒカラボというエンジニア・クリエイター向けの勉強会&交流イベントも定期的に開催されています。こちらは、レバテックを利用していないフリーランサーや独立・起業を検討中の会社員でも参加できますので一度行かれてみては如何でしょうか。 勉強会の過去登壇企業も、

  • 株式会社カヤック
  • 株式会社サイバーエージェント
  • 株式会社スタートトゥデイ
  • 株式会社ニューズピックス
  • ランサーズ株式会社
  • 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
  • 株式会社DMM.comラボ
  • 株式会社LIG
  • 株式会社schoo

と名だたる企業です! 詳しくは、「レバテックフリーランスの評判ってどうなの?…」という記事で詳しく紹介させていただいてますので、こちらの記事をご覧ください。 読まなくても大丈夫な方は、下記ボタンをクリックして、レジュメを登録後に面談に行かれてみてくださいね。

簡単60秒でレバテックフリーランスに無料登録しちゃう!

ギークスジョブ(ギークス株式会社)

ギークスジョブ(ギークス株式会社が運営)のアイキャッチ写真

ギークスも、フリーランス専門の案件紹介エージェントですね。

ギークスジョブの特徴

ギークスジョブは関東は東京本社、関西は大阪支店、九州は福岡支店、中部・東海圏には名古屋サテライトオフィスと全国に4つの拠点があります。 東京本社は渋谷にオフィスがあって、主にエンジニア向けのITイベントや勉強会をされておられますので、そちらに参加されてみても良いのではないでしょうか。 詳しくは、「ギークスジョブの評判ってどうなの?」という記事で詳しく紹介させていただいてますので、参考にしてみてください。 ただし、まだ離職する前の会社員・正社員(サラリーマン)ですとエントリーできませんので、フリーランスとして独立前の方はご注意を!!

独立が不安な方におすすめのエージェント

続いては、会社員(サラリーマン)の時から面談してくれ、フリーランスとして独立開業もサポートしてくれる、おすすめエージェントを紹介します。

PE-BANK(運営:株式会社PE-BANK)

PE-BANK(運営:株式会社PE-BANK) 会社員時代から、独立へ向けての準備をサポートしてもらうのであれば、PE-BANKがおすすめです! エントリーして相談するだけなら無料ですので、独立はちょっと不安かもと思っているのであれば、登録して話だけでも聴いてもらいましょう。 独立するのは少なからず勇気が要りますもんね。

PE-BANKの特徴

PE-BANKの特徴は、

  • 他のフリーランス専門エージェントとは違って、登録者の年齢層が比較的高い。
  • ITエンジニアの中でもフロントエンド・ゲーム系案件よりも、業務系案件に強い。
  • 定期健康診断・セミナー・資格試験の補助金が出る。
  • 確定申告(青色申告)のフルサポートがあり、税務相談もできる。
  • 契約者等の事務作業をサポートしてくれる。

といった点にあります。 アラフォー・40代と年齢が高くなってくると、フリーランスの中でも求められる立場や役割、環境を変えなければステップアップできないのも事実。思い当たる人はPE-BANKに相談されてみては。

PE-BANKについて詳しく見る!

PE-BANKが選ばれる3つの理由

PE-BANKが選ばれる3つの理由

PE-BANKのプロ契約とは?

PE-BANKのプロ契約

PE-BANKの年収アップ成功例

20代、30代の会社員からフリーランスとして独立・起業された方の年収アップと安定を手にされた人の成功例が載っておりましたので、簡単に紹介させていただきます。 PE-BANKの年収アップ成功例

PE-BANKについて詳しく見る!

Midworks(運営:株式会社 Branding Engineer)

Midworks(運営:株式会社 Branding Engineer) Midworks(ミッドワークス)は、正社員とフリーランスのいいとこ取りで、正社員並みの保障でフリーランスのような働き方ができるようです。ん!?どういうこと!?」 と疑問に持たれる方もいらっしゃると思います。 つまりは、正社員同様、年金・保険等をMidworksに支払ってもらえ、継続案件をしながら報酬がもらえるスタイルなんですね。 それができるのも、取引先との信頼関係が築けているからでしょう。 現に、週2・週3の現場案件であったり、リモートワーク可能・在宅ワーク可能な案件であったりと、豊富な案件を保有しています。 リスクを最小に抑えてフリーランスの世界に飛び込んでみるのも良いのではないでしょうか。

Midworksの求人案件をみる!

Midworks(ミッドワークス)の特徴

Midworksが選ばれる5つの理由 Midworks(ミッドワークス)の特徴としては、PE-BANKさんとは逆に、若い人が多いようです。また、案件的には、フリーランスエージェントの中では一番豊富だと思っていますので、下記に一例をあげさせていただきますね。

  • Webデザイナー
  • UI/UXデザイナー
  • 3DCGデザイナー
  • イラストレーター
  • Webディレクター
  • Webマーケター
  • 企画・ゲームプランナー
  • サーバーエンジニア
  • PHPエンジニア
  • Android/iOSエンジニア
  • Javaエンジニア
  • 官公庁案件のPM(プロジェクトマネージャー)
  • コールセンターリプレイスにおける全体管理PMO
  • 生産管理システムのリプレイス業務
  • 製薬会社のシステム開発・保守・プロジェクト推進
  • サービス改善プロジェクトマネージャー
  • ホテル事業顧客管理システム CRM構築PJT

いや~、ここまで幅広くバラエティに富んでいますと、もはや正社員紹介ですね…。 フリーランスの世界に足を踏み入れるキッカケとしてはベストではないでしょうか。

Midworksの求人案件をチェック!

私がミッドワークス事業部の責任者である金沢取締役に色々聞いてきた記事も、とっても参考になると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいませ!

リモートワーク/在宅ワークで働きたい人はクラウドソーシングを活用しよう!

諸事情によりリモートワーク/在宅ワークでなければ厳しい人もいらっしゃると思います。 フリーランス専門エージェントでも稀に出てくるみたいですが、基本、常駐案件ばかりで、雲を掴むような確率。それであれば、少し単価は下がりますが、クラウドソーシングサービスを活用しましょう。 有名どころは、日本最大級にして、クラウドソーシングサービスのパイオニア企業の「ランサーズ​」。クラウドソーシングサービス提供会社で唯一の上場企業「クラウドワークス」。スキルの売り買いができるマーケットプレイス「ココナラ」ですね。

気が進まない・スキルに不安がある時の断り方

フリーランスの案件紹介エージェントも、正社員紹介の転職エージェント同様、気が進まなかったり、ミスマッチやスキルに不安があったりするときは断ってしまっても問題ありません。 ただ、フリーランスの案件紹介も実際に企業やプロジェクトに参画いただき実稼働するまでエージェントには1円も入らずに動いてくださってます。人として、その事には配慮してお断りするようにしましょう。

最低3社位のエージェントには登録しよう!

また、1つのエージェントに信頼し切ってしまっても良い案件が出てこない事もあります。これは、転職の会社探しや不動産の物件探しと同じです。 最初は、最低でも3社くらいには登録・面談に行き、数社に動いていただき絞り込む事をおすすめします。

フリーランス独立の時にも再就職手当を貰おう!

意外と知らない人が多いのが、フリーランスとして独立した時にハローワーク(ハロワ)で、再就職手当を貰えちゃうところ。詳しくは「個人事業主(フリーランス)独立・起業で再就職手当をもらう7つのステップ」をチェックしてみてください。

フリーランス独立を迷っているのであればザッピーリンクへご相談

フリーランス独立を迷っているのであればザッピーリンクへご相談 私はフリーランスで独立・法人成りしていますので、色々経験しています。再就職手当もそうですし、正社員・フリーランス・法人のメリット/デメリットもお話できますし、フリーランス人材を募集している会社も少しは紹介できます。もしよろしければ、お問い合わせください。 ※ザッピーリンクは私(浅井)が経営している会社名です。

フリーランス独立を浅井に相談する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする