国の助成金・補助金が利用できるプログラミングスクール一覧

国の助成金・補助金が利用できるプログラミングスクール一覧の記事アイキャッチ画像

プログラミングを学習したいなと学校を探している方に朗報です。
よく、プログラミングスクールは割引やキャンペーンを実施していますが、そんなものより遥かにお得になる制度があります!
それは国から出る補助金や助成金を利用してプログラミングスクールに通う方法です。

しかし、制度にも色々種類があるのと、対象になるスクールも国から認定校・指定校として選ばれている必要があります。
そこで今回は、国から出る助成金・補助金の種類から、認定校の一覧について一挙に紹介します。

プログラミングスクールに適用される助成金・補助金の種類

まずはプログラミングスクールに適用される助成金・補助金の種類から紹介します。

一般教育訓練給付金

一般教育訓練給付金とは、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上、つまり一般的には通算で3年以上、会社員として勤務し給料から社会保険が天引きされていれば、在職中でも離職後でも利用する事ができる制度となります。
最も有名でスタンダードな制度で多くの資格スクールやプログラミングスクールが認定校として登録されています。

支給額は、自分が支払った受講料の20%に相当する金額になります。
ただし、上限は10万円となり、20%に相当する額が4千円を超えない場合は給付金の支給対象外となります。

つまり対象コースの受講料が50万円以上の場合でも上限の10万円までが支給額となります。
20%に相当する額が4千円を超えない場合については、受講料が2万円に満たないというケースですので、こちらはあまり気にしなくても良いでしょう。

一般教育訓練給付金の支給申請手続きについてはリーフレットに詳しく書いてあります。

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金とは、雇用保険の一般被保険者等(在職者)または一般被保険者等であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、受講のために本人が支払った教育訓練経費の一定額を、ハローワークから支給する制度です。

基本的な要件は一般教育訓練給付金と同じですが支給額が多いため、資格スクールやプログラミングスクールでもより専門的でレベルの高い講座が対象になっています。

支給額は、教育訓練経費(受講料)の50%(年間上限40万円)となります。
また、専門実践教育訓練(対象講座)の修了後1年以内に雇用保険の被保険者となる就転職をした場合、教育訓練経費の70%(年間上限56万円)が受給できます。

専門実践教育訓練給付金についても、支給申請手続きのリーフレットがあります。

特定一般教育訓練給付金

特定一般教育訓練給付金は令和元年10月に新たに新設された給付金です。
支給要件は、初回の給付を受けたい場合のみ、支給要件期間が1年となりますので、少しハードルが下がります。

また、支給額や対象講座も先の2つの給付金とは若干異なります。
まず支給額については、教育訓練経費(受講料)の40%(上限20万円)となります。

ただ特定一般教育訓練給付金は、対象講座が、

  1. 独占資格や必置資格に関する養成課程
  2. 情報通信技術に関する資格のうちITSSレベル2以上の情報通信技術に関する資格取得を目標とする課程
  3. 新たなITパスポート試験合格目標講座
  4. 短時間のキャリア形成促進プログラムおよび職業実践力育成プログラム

の4つに限定されます。

特定一般教育訓練給付金についても、詳しいリーフレットがありますので、気になる方は必ずチェックしましょう。

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は先の3つとは異なり、個人ではなく企業向けに支給される補助金となります。
会社で雇用する正社員の職務に必要な知識・技能の向上のため、経費(研修費)の一部を助成金という形で国から補助いただけます。
会社自体が特定のスクールと契約していて、そのスクールで研修を受けるケースも多いので、自分の勤務する会社にプログラミング研修が受けられる制度や福利厚生などがないか聞いてみましょう。

国の助成金・補助金が利用できるプログラミングスクールおすすめ一覧

助成金・補助金の種類は上記でお伝えしましたが、どこのプログラミングスクールがどの給付金に対応しているのでしょうか。
そこで下記に、国の助成金・補助金が利用できる、おすすめのプログラミングスクールを一覧表にして紹介します。

プログラミングスクール名一般教育訓練給付金専門実践訓練給付金特定一般教育訓練給付金人材開発支援助成金
DMM WEBCAMP COMMIT(DMMウェブキャンプコミット)×××
DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)×××
Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)×××
DataMix(データミックス)×××
ヒューマンアカデミー××
KENスクール××
リナックスアカデミー××
インターネットアカデミー××
日本プログラミングスクール×××
ISAスクール×
Winスクール×

おすすめなのは専門実践教育訓練給付金が対象で教育訓練経費の70%(上限56万円)がマックスで利用できるDMM WEBCAMP COMMIT(DMMウェブキャンプコミット)ですね。

DMM WEBCAMP COMMITは、910,800円(税込)の講座が実質350,800円(税込)で受講でき、分割払いを使えば、月々20,500円の支払いで学習する事ができます!

DMM WEBCAMP COMMIT 
について3分チェックする!

 
また、DIVE INTO CODEもおすすめで、Webエンジニアコースが給付金は最大45万円と若干低くはなりますが、入学金と受講料あわせて647,800円(税込)のコースを実質、194,340円(税込)で受講できるのです!

DIVE INTO CODEについて
もっと詳しく見る

 
そして、最近、経済産業省のReスキル講座として認定されたAidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)は、AIエンジニアを育成するPython特化のプログラミングスクールなのですが、こちらも最大70%まで給付金の補助を受けることができます。

プランによって高額となり、70%の補助は受けられず最大補助額の56万円までとなりますが、AIエンジニアを目指すのであればAidemy Premium Planがおすすめの学校です!
一点デメリットがあるとすれば、DMM WEBCAMP COMMITやDIVE INTO CODEとは違い完全オンライン完結スクールであることですね…。

Aidemyのオンライン
無料相談会に予約する!

 
専門実践教育訓練ほど専門的に就転職を目指して学習しようと思ってないけど、スキルアップや教養として学習をする目的の人におすすめなプログラミングスクールは、テックアカデミーです。

ヒューマンアカデミーのプログラミング講座紹介イメージ

テックアカデミーはプログラミングに限らずWebデザインやITパスポートなどの資格取得などの講座もあり、おすすめです!
北は北海道から南は沖縄まで全国に29校ありますので、最寄りの校舎が見つかるのではないかと思います。

ヒューマンアカデミーの
プログラミング講座をチェック!

 
最後に、人材開発支援助成金の対象校については、ご勤務されている会社が利用しているスクールや会社の方針もあると思いますので、上記の一覧表も参考にいただきながら、ご勤務先と相談されてみることをおすすめします。

まとめ

今回は、プログラミングスクールに適用される助成金・補助金の種類と、その助成金・給付金が利用できるプログラミングスクールのおすすめ一覧を紹介しました。

国の助成金・補助金が受けられるという事は、国から認定される必要があるため安心感があります。
とは言え、あなたの大切な時間を使いプログラミング学習をするのですから、幾つかのスクールへカウンセリングや体験入学に参加し、後悔のない選択をしましょう!

タイトルとURLをコピーしました