国の助成金・補助金が給付されるプログラミングスクール一覧

国の助成金・補助金が利用できるプログラミングスクール一覧の記事アイキャッチ画像
[PR含む]

国の助成金・補助金が給付対象の
プログラミングスクール一覧へ

プログラミングを学習したいなと学校を探している方に朗報です。
よく、プログラミングスクールは割引やキャンペーンを実施していますが、そんなものより遥かにお得になる制度があります!
それは国から給付される補助金や助成金を利用してプログラミングスクールに通う方法です。

しかし、制度にも色々種類があるのと、対象になるスクールも国から認定校・指定校として選ばれている必要があります。
そこで今回は、国から出る助成金・補助金の種類から、認定校の一覧について一挙に紹介します。

プログラミングスクールに適用される助成金・補助金の種類

まずはプログラミングスクールに適用される助成金・補助金の種類から解説します。

一般教育訓練給付金

一般教育訓練給付金とは、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上、つまり一般的には通算で3年以上、会社員として勤務し給料から社会保険が天引きされていれば、在職中でも離職後でも利用する事ができる制度となります。
最も有名でスタンダードな制度で多くの資格スクールやプログラミングスクールが認定校として登録されています。

支給額は、自分が支払った受講料の20%に相当する金額になります。
ただし、上限は10万円となり、20%に相当する額が4千円を超えない場合は給付金の支給対象外となります。

つまり対象コースの受講料が50万円以上の場合でも上限の10万円までが支給額となります。
20%に相当する額が4千円を超えない場合については、受講料が2万円に満たないというケースですので、こちらはあまり気にしなくても良いでしょう。

一般教育訓練給付金の支給申請手続きについてはリーフレットに詳しく書いてあります。

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金とは、雇用保険の一般被保険者等(在職者)または一般被保険者等であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、受講のために本人が支払った教育訓練経費の一定額を、ハローワークから支給する制度です。

基本的な要件は一般教育訓練給付金と同じですが支給額が多いため、資格スクールやプログラミングスクールでもより専門的でレベルの高い講座が対象になっています。

支給額は、教育訓練経費(受講料)の50%(年間上限40万円)となります。
また、専門実践教育訓練(対象講座)の修了後1年以内に雇用保険の被保険者となる就転職をした場合、教育訓練経費の70%(年間上限56万円)が受給できます。

ただし、失業状態にある方が初めて専門実践教育訓練を受講する場合、受講開始時に45歳未満であるという要件があり、45歳以上の方は給付制度の支給対象外となります(通信制・夜間制は例外もあり)。
専門実践教育訓練給付金についても、支給申請手続きのリーフレットがありますので、気になる方は一度目を通しておくか、通学したいスクールのカウンセリング面談などで確認しておきましょう。

特定一般教育訓練給付金

特定一般教育訓練給付金は令和元年10月に新たに新設された給付金です。
支給要件は、初回の給付を受けたい場合のみ、支給要件期間が1年となりますので、少しハードルが下がります。

また、支給額や対象講座も先の2つの給付金とは若干異なります。
まず支給額については、教育訓練経費(受講料)の40%(上限20万円)となります。

ただ特定一般教育訓練給付金は、対象講座が、

  1. 独占資格や必置資格に関する養成課程
  2. 情報通信技術に関する資格のうちITSSレベル2以上の情報通信技術に関する資格取得を目標とする課程
  3. 新たなITパスポート試験合格目標講座
  4. 短時間のキャリア形成促進プログラムおよび職業実践力育成プログラム

の4つに限定されます。

特定一般教育訓練給付金についても、詳しいリーフレットがありますので、気になる方は必ずチェックしましょう。

自立支援教育訓練給付金

自立支援教育訓練給付金は、母子家庭の母(シングルマザー)もしくは父子家庭の父(シングルファザー)の主体的な能力開発の取組みを支援するもので、対象教育訓練を受講し修了した場合にその経費の60%(上限20万円)が支給される給付金です。
また、雇用保険の専門実践教育訓練給付の対象となる講座を受講した場合は、修学年数×40万円(上限160万円)が支給されます。
なお、扶養となるお子さんは20歳に満たないこと、児童扶養手当の支給を受けているか同等の所得水準にあること、就業経験・技能・資格の取得状況や労働市場の状況などから判断し当該教育訓練が適職に就くために必要であると認められることという結構厳しめな条件となります。

厚生労働省の「母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について」のページにも詳しく書かれています。

高等職業訓練促進給付金

高等職業訓練促進給付金は、母子家庭の母(シングルマザー)もしくは父子家庭の父(シングルファザー)が資格取得のため、養成機関で1年以上修業する場合に、修業期間中の生活の負担軽減のため給付金が支給され、入学時の負担軽減のため修了支援給付金が支給されます。

給付額は結構細かいのですが、デジタル分野のスクールで支給対象と打ち出しているのはインターネットアカデミーくらいで、インターネットアカデミーでは受講料を大きく上回る最大173万円まで支給されると事例を公開しています。他のプログラミングスクールの場合は事例などが開示されていません。

高等職業訓練促進給付金の支給対象者条件は自立支援教育訓練給付金と同じです。こちらも厚生労働省の「母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について」のページにも詳しく書かれています。

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は先の5つとは異なり、個人ではなく企業向けに支給される補助金となります。
会社で雇用する正社員の職務に必要な知識・技能の向上のため、経費(研修費)の一部を助成金という形で国から補助いただけます。
会社自体が特定のスクールと契約していて、そのスクールで研修を受けるケースも多いので、自分の勤務する会社にプログラミング研修が受けられる制度や福利厚生などがないか聞いてみましょう。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の補助金

経済産業省が行う「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」というものがあり、転職やキャリアチェンジを目指している在職者(正社員、パート・アルバイト、契約社員、派遣社員)を対象に、キャリア相談対応やそれを踏まえてリスキリング講座を受講、それらを踏まえた転職支援までを一体的に実施するスクールの中で採択されているスクールで受講すると国から受講料の最大70%(上限56万円)が補助金として受け取れる制度です。

プログラミングスクールの中でも採択される学校も徐々に増えてきました。詳しくはこのあと紹介する一覧表でご確認ください。

ちなみに、すでに専門実践教育訓練給付金で一度受給された人でも、キャリアアップ支援事業の補助金は受給対象になりますので安心ですね。

国の助成金・補助金が給付されるプログラミングスクールおすすめ一覧

助成金・補助金の種類は上記でお伝えしましたが、どこのプログラミングスクールがどの給付金に対応しているのでしょうか。
そこで下記に、国の助成金・補助金が給付される、おすすめのプログラミングスクールを一覧表にして紹介します。

プログラミングスクール名 一般教育訓練給付金 専門実践訓練給付金 特定一般教育訓練給付金 自立支援教育訓練給付金 高等職業訓練促進給付金 人材開発支援助成金 リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業
テックキャンプ(TECH CAMP) × × × × × ×
Tech I.S.(テックアイエス) × × × × × ×
インターネットアカデミー × ×
DMM WEBCAMP エンジニア転職 × × × × ×
Aidemy Premium(アイデミープレミアム) × × × × × ×
TechAcademy(テックアカデミー) × × × × ×
LINEヤフーテックアカデミー × × × × × ×
ディープロ(旧:DIVE INTO CODE) × × × × × ×
Tech Boost(テックブースト) × × × × × ×
RUNTEQ(ランテック) × × × × × ×
ヒューマンアカデミー × × × ×
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア) × × × × ×
POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ) × × × × × ×
TechTrain(テックトレイン) × × × × × ×
WorX(ワークス) × × × × × ×
DataMix(データミックス) × × × × × ×
Tech Mentor(テックメンター) × × × × × ×
KENスクール × × × × ×
リナックスアカデミー × × × × ×
AVIVA(アビバ) × × × × × ×
AIジョブカレ × × × × × ×
CodeCamp × × × × × ×
キカガク × × × × × ×
スキルアップAI × × × × × ×
NECアカデミー for AI × × × × × ×
富士通ラーニングメディア × × × × ×
デジタルハリウッド × × × × × ×
ISAスクール × × × ×
Winスクール × × × ×
  • 専門実践訓練給付金の欄に△印が付いているスクールは、一部コースのみ対象講座となっているスクールになります。
  • 自立支援教育訓練給付金と高等職業訓練促進給付金は、プログラミング講座として給付事例を紹介しているスクールのみ○印を付けています。

 

この中でもおすすめしたいのは、専門実践教育訓練給付金が対象で教育訓練経費の70%(上限56万円)がマックスで給付されるテックキャンプですね。

テックキャンプエンジニア転職の紹介画像

最大限に給付金を受給すると短期集中スタイルに至っては、最安20万円未満(税込197,340円)で受講できちゃいます。

 
テックキャンプに興味は持っていたけど、高くて通えなかった人にとって朗報ですね。

公式サイトで詳しく見る

 
さらに、失業中に受講される人は教育訓練支援給付金によって、教室で学習した日にはハローワークで算出された基本手当日額(離職前の賃金から算出した1日の支給額)の80%に相当する額が、ハローワークから支給されます。
この支給は、受講料の70%が補助される専門実践教育訓練給付金とは別に受給することができます。

専門実践教育訓練給付金で受講料の最大70%支給に加え、失業中で受講される方は教育訓練支援給付金により基本手当日額の80%相当が支給されるイメージ

 
オンラインスクールで専門実践教育訓練給付金が適用されるスクールは増えていますが、プラスして基本手当日額の80%も貰えると、安心して失業中の学習に集中できますね!
※基本手当日額の80%が対象なのは通学プラン(東京のみ)の短期集中スタイルになります。

 

TECH CAMP公式サイトで詳しく見る

テックキャンプの給付金対象コースと受け取り方を徹底解説!
プログラミングスクールとして人気のテックキャンプ(TECH CAMP)は給付金や補助金・助成金の対象なのか気になるところではないでしょうか。本記事では、国から受講料の最大70%(上限:56万円)が支給されるテックキャンプの給付金対象コースと受け取り方について徹底解説します。

 

短期集中やオンライン受講は厳しいので、同じようなカリキュラムを通学しながら直接指導でじっくり学習したいという方には、Tech I.S.(テックアイエス)がおすすめです!

受講料の最大70%(56万円)が対象になるプログラミングスクール「テックアイエス」の専門実践教育訓練給付制度の紹介画像

テックアイエスも、受講料の最大70%(上限56万円)を国から補助してもらえ、フルスタックエンジニアを目指すべく幅広く学習できる人気No.1の長期PROスキルコースに至っては、税込205,920円で受講できるようになりました!

受講できる教室は愛媛・広島・名古屋・島根という4つの地域にあり、教室が無い地域にお住まいの人向けにオンライン校もあります。

経済産業省認定のテックアイエスの長期PROスキルコース・データサイエンティストコースの紹介画像

 
長期PROスキルコースは約20万円ながら、6ヶ月の学習期間に加えて、6ヶ月のキャリアサポートという計1年間のプランですので、じっくり学習したい人にとってはコスパで言ったらテックキャンプよりも良いと感じるかもしれませんよ!

テックアイエスの公式サイトを見る

 

いきなり就転職を目指すか、まずはスキルアップ目的に学習を始めるか迷っている人には、インターネットアカデミーがおすすめです。
インターネットアカデミーであれば、専門実践教育訓練にも一般教育訓練にもどちらにも対応しています。さらにWebデザイン講座やWebマーケティング講座とのセット学習で給付金適用という離れ技も提案してくれますので下記のような組み合わせ受講も可能です!

インターネットアカデミーのIoTエンジニア育成コースA(Reスキル講座)+Webデザイン講座の料金イメージ紹介画像
インターネットアカデミーのIoTエンジニア育成コースA(Reスキル講座)+Webマーケティング講座の料金イメージ紹介画像

また、これまでIoTエンジニア育成コースが専門実践教育訓練給付金の対象でしたが、新たにAIスキルを習得できる2コース(AIエンジニア育成コースとAI×IoTエンジニア育成コース)も対象講座として認定されました!

給付金の対象講座も以前より充実してきましたので、就転職かスキルアップかどちらの教育訓練か迷われている人は勿論、学習する講座を迷われている人も一度、インターネットアカデミーに相談してみましょう。

インターネットアカデミー
の公式サイトを見る

 
さらに、給付金の種類の部分で紹介しました母子家庭の母もしくは父子家庭の父向けの自立支援教育訓練給付金や高等職業訓練促進給付金を利用する場合にも、インターネットアカデミーはおすすめです!
受給のサポートも受けられ、受講料をはるかに上回る最大193万円まで受給することが可能です。

インターネットアカデミーのひとり親の方向け給付金制度(自立支援教育訓練給付金&高等職業訓練促進給付金)受給で最大193万円支給される案内画像

 
プログラマー入門コースやPython講座なども対象になり、下記のような活用事例も開示されています。

インターネットアカデミーの給付金活用で最大193万円支給される事例紹介画像

 
193万円のうち173万円が対象になる高等職業訓練促進給付金が給付対象になるデジタル講座は厚生労働省のWebページでは2023年3月末日までで終了となっています。ただ、給付金制度でデジタル分野の資格が対象となる特例措置が2024年3月まで延長になったとの方針を確認しています。

インターネットアカデミーのMamaEduプロジェクトというのが「ひとり親講座支援」になりますので、まずは無料のカウンセリング面談に予約し急ぎ相談してみましょう。
なぜなら延長となる特例措置はいつ終了してもおかしくない状況ですからね。

ちなみに、Mamaで始まるプロジェクト名ですが、パパも対象ですよ。

MamaEduプロジェクトを見る

 

最大193万円!インターネットアカデミーの給付金が対象になる講座一覧
インターネットアカデミーで対象になる給付金には受講料の70%が給付される専門実践教育訓練給付金、受講料の20%が給付される一般教育訓練給付金、そして最大支給額193万円の自立支援教育訓練給付金と高等職業訓練促進給付金があります。本記事ではどの講座(コース)がどの給付金制度の対象になるのか詳しく紹介します。

 

また、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)としての認定を受けているDMM WEBCAMP エンジニア転職 専門技術コースと就業両立コースもおすすめです!

受講料の最大70%(56万円)が給付金としてキャッシュバックされるDMM WEBCAMPエンジニア転職 専門技術コース・就業両立コースの紹介画像

テックキャンプやテックアイエスと同様、受講料の最大70%(上限56万円)を国から補助してもらえ、DMM WEBCAMP エンジニア転職 就業両立コースであれば、889,350円(税込)の講座が実質329,350円(税込)で受講でき、分割払いを使えば、月々37,669円の支払い(24回払い)で学習する事ができます!

また、スクール卒業後も3年間の間スキルアップなどに使える、何度でも利用可能な20%オフ(1回最大6万円割引)される活躍応援クーポン制度まであるのです!

DMM WEBCAMP エンジニア転職の3年間、何回でも利用できる20%オフ(1回最大6万円割引)活躍応援クーポン制度

 
さらに「DMM WEBCAMP エンジニア転職」は、在職中の方であっても受講料の最大70%(最大56万円)を給付金として国から補助を受けられる経済産業省の「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」にも新たに採択されました!

これにより離職中の方はReスキル講座として、在職中の方はリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業として最大70%の補助を国から受けられることになります。

各種キャンペーンなども定期的に実施されていますので、このお得な機会を逃さないようにしましょう!

DMM WEBCAMPエンジニア転職
の公式サイトを見る

DMM WEBCAMPの給付金の対象講座と受け取り方を徹底解説!
人気プログラミングスクールのDMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)。中でもDMM WEBCAMP エンジニア転職 専門技術コースは国から受講料の最大70%(支給限度額:56万円)を専門実践教育訓練給付金として受け取れる対象講座となります。本記事では、給付金の種類や受け取り方も含め5ステップに分け徹底解説します。

 

AIエンジニアを育成するPython特化のプログラミングスクールなら、Aidemy Premium(アイデミープレミアム)がおすすめです。こちらも最大70%(上限56万円)まで給付金の補助を受けることができます。

アイデミープレミアムの紹介イメージ

AI特化型スクールですのでAIエンジニアを目指すのであればAidemy Premiumで決まりですね!

公式サイトを見る

アイデミー(Aidemy)の評判は!?python特化のAIスクールで人気の秘密を色々聞いてきた!
python特化のAI学習で人気のプログラミングスクール「アイデミー(Aidemy)」。そんなアイデミーの特徴やメリットから、講師・メンターにどんな人がいるか、受講生の年齢・男女比、就職・転職先の企業などスクール選びで気になる疑問をプロジェクトマネージャーの山崎さんに色々聞いてきたよ!

 

オンライン完結スクールで、かつAidemy Premiumよりもリーズナブルな料金で学習したいのでしたら、TechAcademy(テックアカデミー)がおすすめです!
TechAcademyもオンラインスクールながら、経済産業大臣認定の第四次産業革命スキル習得講座および厚生労働省指定の教育訓練給付制度の対象講座に、AI・Python・データサイエンスなどの15コースが認定されています。

テックアカデミーの15コースが教育訓練給付金対象講座に認定された旨の紹介画像

リーズナブルの料金とお伝えしたのは、16週間のプランが教育訓練給付金を使うと70%還元され、税込10万円未満で受けれるコースもいくつかあるからです!

 
さらに、転職やキャリアチェンジを目指している方を対象に、受講料の最大70%(最大348,600円)を給付金として国から補助してもらえる経済産業省の「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」にTechAcademy(テックアカデミー)も採択されています。

テックアカデミーリスキリングを通じたキャリアアップ支援事業に採択されたことによる最大70%給付金キャッシュバックの案内

教育訓練給付金対象講座と同じく多くのコースで補助金がキャッシュバックされ、税込10万円未満で受講できるコースもありますよ。
ちなみに、教育訓練給付金を受給していても、それとは別に、リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の補助金は受給できますので、既に教育訓練給付金を受け取り就転職した人で更なるスキルアップをしたい人にとってもピッタリです!

 

TechAcademy(テックアカデミー)には、TechAcademyをベースにし、LINEヤフーが持つ人材開発のノウハウと事業会社ならではの実践的な技術力を身につけられるカリキュラムが学習できる「LINEヤフーテックアカデミー」も関連校としてあります。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業で最大70%給付金がもらえるLINEヤフーテックアカデミー紹介画像

 
TechAcademyとは別の学校にはなりますが、Webアプリケーション開発コースが経済産業省の「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」に採択されていて、受講料55万円(税込)のうち、最大35万円をキャッシュバックという形で受け取ることが可能です!

LINEヤフーテックアカデミーの方に興味がある方は、下記ボタンより進んで公式サイトでチェックしてみてくださいね。

LINEヤフーテックアカデミー
公式サイトを見る

 
詳細は別記事の「テックアカデミーの給付金や補助金対象のコースとは?還付金額は?」という項目にて詳しく紹介していますので、ぜひチェックされてみてくださいね。

公式サイトを見る

 

本気でエンジニア転職を目指すのであれば、ディープロ(旧:DIVE INTO CODE)もおすすめです。4ヶ月短期集中コースが対象講座となり、給付金額は453,460円と先に紹介した2校と比べ補助される金額はやや少なくなります。ただ入学金と受講料あわせて797,800円(税込)のコースを実質、344,340円(税込)で受講できますので、かなりリーズナブルです!

ディープロ(旧:DIVE INTO CODE)の専門実践教育訓練給付金で受講料が安くなるイメージ図

公式サイトを見る

ディープロ(旧:DIVE INTO CODE)卒業生に感想や同期の評判を聞いてみた!
プログラミングスクールの中でも評判の良いディープロ(旧:DIVE INTO CODE)。カリキュラム、メンター、同期の仲間、評判や感想などについて、直近までDIVE INTO CODE(現:ディープロ)で受講していた卒業生のAさんに実際に聞いてみましたので、その内容を紹介します。

 

PHP・RubyやJavaのスキルを高めたい方には、Tech Boost(テックブースト)という手もあります。Tech Boostでは、ブーストコース(Ruby・PHP)とブーストコース(Java)が専門実践教育訓練給付制度に認定されています。他のコースや言語は対象外ですが、これらのコースであれば、受講料の最大70%(最大56万円分)が国から補助され、実質的な割引になりますよ。

テックブーストのブーストコース(Java)が専門実践教育訓練給付制度で受講料最大70%(56万円)支給される紹介画像

テックブーストのブーストコース(Ruby・PHP)が専門実践教育訓練給付制度で受講料最大70%(295,680円)支給される紹介画像

 

3万円相当の1ヶ月受講期間無料延長キャンペーンも先着で実施しているみたいですので、詳しくはカウンセリング面談で聞いてみましょう!

 

公式サイトを見る

元Branding Engineerの人・卒業生・現役メンターが語る!TECH BOOST(テックブースト)の強み・評判・デメリット
未経験からRuby on Railsエンジニアになれるプログラミングスクール(教室)の「TECH BOOST(テックブースト)」。そんなTECH BOOSTの特徴や料金・期間・カリキュラムから、メンター・講師、受講生の評判・口コミやデメリットに至るまで、運営会社Branding Engineerで元働いていた中の人に記事にしていただきました。

 

開発現場の声を徹底的に取り入れ、Webエンジニアに本当に必要とされるスキルを学ぶことができる実践型プログラミングスクール「RUNTEQ(ランテック)」も、Webエンジニア転職コース Ruby on Rails専攻が専門実践教育訓練給付制度対象講座に認定されていますので、受講料の最大70%70%相当にあたる385,000円が給付され、自己負担額165,000円で受講することが可能です!

実践型Webエンジニア養成プログラミングスクール「RUNTEQ(ランテック)」紹介アイキャッチ画像

RUNTEQ(ランテック)のWebエンジニア転職コース Ruby on Rails専攻は専門実践教育訓練給付制度対象講座に認定された旨の紹介画像

 
さらに、2023年8月31日まで5万円キャッシュバックされるサマーキャンペーンを実施していますので、実質115,000円で受講スタートできますよ!

公式サイトを見る

 

専門実践教育訓練ほど専門的に就転職を目指して学習しようと思ってないけど、スキルアップや教養として学習をする目的の人におすすめなプログラミングスクールは、ヒューマンアカデミーです。

ヒューマンアカデミーのDXエンジニア総合コース紹介アイキャッチ

ヒューマンアカデミーはプログラミングに限らずWebデザインやITパスポートなどの資格取得などの講座もあり、おすすめです!
専門実践教育訓練給付金を受けられる対象講座にプログラミング学習ができるコースはありませんが、一般教育訓練給付金を受給できるコースであれば多く揃っていますよ。

北は北海道から南は沖縄まで全国に23校ありますので、最寄りの校舎が見つかるのではないかと思います。

公式サイトを見る

ヒューマンアカデミーの教育訓練給付金が使える講座一覧
本記事ではヒューマンアカデミーの通学講座と通信講座で、教育訓練給付金(一般教育訓練)が使える講座を一挙に紹介し、さらにヒューマンアカデミーで給付金を利用する際の注意点についても紹介します。