職業訓練校のプログラミング科目の事情と給付金が受給できる厳選スクール

「職業訓練校のプログラミング科目の事情と給付金が受給できる厳選スクール」の記事アイキャッチ画像

日本はエンジニア不足と言われニーズも高いため、エンジニアへのキャリアチェンジを考える人も増えてきています。
ハローワーク(公共職業安定所)でも、エンジニアとして再就職・転職するためのプログラミング学習コースも色々あります。ただ、実際のところ、職業訓練校のプログラミング科目はどうなのでしょうか。

今回は、職業訓練校のプログラミング科目の授業内容、就職/転職事情はもちろん、転職支援付き無料プログラミングスクール選びの注意点、教育訓練給付金がもらえ、実践的スキル習得と就転職率が高い厳選プログラミングスクールについて紹介します。

職業訓練とは?

職業訓練(ハロートレーニング)紹介画像
出典:厚生労働省「ハロートレーニング」紹介ページより

職業訓練とは、就業に必要な技能や知識を習得させることにより、労働者の能力を開発・向上させるための公的な制度です。
多種多様なコースが用意されており、期間は3ヶ月、もしくは6ヶ月のコースが一般的となります。

正式名称は、公的職業訓練(ハロートレーニング)と言い、雇用保険を受給者を主な対象とする「公共職業訓練」と、雇用保険を受給できない求職者を主な対象とする「求職者支援訓練」の2つに分かれます。
職業訓練を利用するには、ハローワーク(公共職業安定所)で申込手続きを行い、その後、書類選考や筆記試験、面接を受ける必要があります。
基本的には無料で受講できますが、中には給付金が支払われるものの一部だけ有料のコースもあります。

職業訓練校のプログラミング科目のリアル事情

続いて、職業訓練校のプログラミング科目の事情について紹介します。

給付金制度でほぼ無料もしくは格安で受講が可能

職業訓練給付金制度というものがあり、この制度を使う事で、ほぼ無料もしくは格安(一部だけ自己負担)で受講することができます。

プログラミング科目の授業内容

ハローワークで紹介している募集予定科目一覧の中から、プログラミング系コースを調べてみますと、下記のようなコースがあります。

  • セキュリティエンジニア科
  • Webサイト制作科
  • Javaシステム養成科
  • Javaシステム科
  • ITビジネスエキスパート科
  • ネットワーク・サーバ構築科
  • AWS・クラウドエンジニア科

各コースの授業内容も見ましたが、失礼ながら、やった感と資格取得に偏っている印象を受ける講座が多い印象を受けました。
スクール側も給付金を全額もしくは大幅に国からもらわなければならない関係上、どうしても資格取得という目に見える形を重視するのは致し方ないことだと思います。

ただし、エンジニア採用企業で求められているのは、資格ではなく実績やスキルです!

また、1つのコースを例にあげますと、フロントエンドプログラミングの経験もなく、いきなり、AWS・クラウドエンジニア科へ行ったとしてもチンプンカンプンになってしまう恐れもあります…。

プログラミング未経験でIT/Web業界での勤務経験の無い人が、ハローワークですすめられるがままに、職業訓練校・訓練機関を選ぶことは極めて困難です。

ハローワーク求人のエンジニア就職/転職事情

どこの会社に就職をしたいのか、転職をしたいのかにもよりますが、正直申し上げて先に挙げたようなコースの授業を受けて、いわゆる有名もしくはイケてるIT・Web企業の現場第一線のエンジニアとして未経験から活躍できそうなエンジニア人材になるのは難しいと思います。

ただ、どこの会社でも良いので、エンジニアになりたいというのであれば、職業訓練で十分実現可能です。
皆さんも一度は耳にしたことがあると思いますが、日本はエンジニア不足と言われています。
そして、ハローワークへの求人掲載は雇用保険をきちんと支払っている事業者であれば、無料で求人掲載できる仕組みとなっています。
そのため、あまり予算のない中小企業の求人も多く取り扱われています。

中には、少しブラックだと思われる企業の求人もありますし、トレンドの技術を活用していない企業の求人も多いと思いますので、どんな技術でも良い、どこの会社でも良いというのであれば、ハローワークでおすすめされたコースで無料で職業訓練を受けて、就職に向けて頑張ってみるのも一つの手です。

少々辛口になってしまい申し訳ないですが、より良い選択をしていただきたいので、ご理解いただけると嬉しいです。

教育訓練給付金も得て、最先端のスキルを得られるスクールもある!

実はなんと、離職者向けの職業訓練ではなくても、プログラミングスクールを自分で探して、ハローワーク(公共職業安定所)で手続きを行い給付金を得られる方法もあります!
これはスクールの受講料を満額もしくは満額に近い金額で受給できる訳ではありません。ただ、教育訓練給付金を使えば、職業訓練校以外のスクールも選択肢として増えます!

教育訓練給付金対象校をおすすめする理由

では続いて、教育訓練給付金対象校を探すことをおすすめする理由を少し紹介します。

基本手当の80%の受給と最大56万円まで受講料が補助される!

教育訓練ほどの手厚さはありませんが、45歳未満の失業者であれば、基本手当の80%の金額まで失業給付として生活手当を受給でき、スクールの受講料のうち最大56万円までは補助されます。

新型コロナウイルスの影響で今現在の募集が無いコースも多い!

職業訓練校は、新型コロナウイルスの影響で開講しておらず、今現在、募集が無いコースも多くあります。時間は日々過ぎ去りますので、待っている時間が正直勿体ないです!
また、職業訓練校は割と資格取得をメインとしているプログラミング以外のコースも取り扱う学校・スクールが結構あります。プログラミング学習の専門でない学校も多いのです。

エンジニア不足のなか、微妙な会社に行く必要はない!

先にも紹介しましたが、あまりトレンドになり得ないスキルを学習し、微妙な会社、ましてやブラック企業に就職することはありません。
何事も最初が肝心です!

離職者のみならず在職者も受給できる!

教育訓練給付金は職業訓練とは異なりますので、離職者だけではなく、現在他の会社にお勤めの会社員やアルバイト・契約社員の方なども受給できます。
ハローワークで手続きするので離職者のための制度だと思われがちですが、そうではありません。
もちろん、受給要件を満たし受給資格がないといけませんが、在職者の人にとっても大きなメリットのある制度です。

良いスクールは意識の高いエンジニア志望仲間と切磋琢磨できる!

良いスクールは、現場の第一線で活躍中の講師・メンターがプログラミングを教えています。
また、意識の高い受講生も多いので、一緒にエンジニアを目指して、仲間と切磋琢磨できる環境があります。
現場で実践できるチーム開発がある学校を選ぶのも良いですね!

良い会社でエンジニアとして活躍すれば、スグに稼げるようになる!

失業給付を受けていたりすると、どうしても生活費や受講料が気になってしまうと思います。
その気持ちも非常によく理解できるのですが、実践的なスキルを磨いて良い会社でエンジニアとして活躍すれば、スグに稼げるようになります!

教育訓練給付金対象校をおすすめしない人

ただ、離職者の誰にでもおすすめできる訳ではありません。
失業給付の80%では生活費が足りない人や、そこまで先端のIT企業への就業を求めていない人、在職者受講生との交流がキツいと感じる人にとっては厳しい環境だと思いますので、辞めておいた方が良いでしょう。

給付金がもらえ、実践的スキル習得と就転職率が高い厳選プログラミングスクール

数的には非常に少ないのですが、下記に、

  1. 教育訓練給付金が最大56万円まで受給でき金銭負担が少ない
  2. 有名もしくはイケてるIT/Web企業への就職/転職実績がある
  3. 現場の第一線で活躍できるスキルが習得できる
  4. 実践でも活かせるチーム開発も経験できる
  5. プログラミング未経験者も多数受講している

という5つの条件に当てはまるスクールを厳選して紹介します。

受講料の20%(最大10万円)まで支給してもらえる一般教育訓練校まで幅を広げるとたくさんありますが、あまり大きな金額ではないので、最大56万円まで支給対象である専門実践教育訓練校を紹介します。

DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)

DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)は、DMMグループの株式会社インフラトップが運営するオフライン型のプログラミングスクールです。
教室も、東京に2校(渋谷校・新宿校)、大阪の難波に2校(難波フロントビル校・難波御堂筋センタービル校)の合計4校あり、急成長中のスクールです!
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により現在は教室休校中。オンラインで開講しています。

DMM WEBCAMPの転職コース「専門技術講座」は、経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座(通称、Reスキル講座)」の制度に認定されています。
詳しくは、動画をご覧いただくと解りやすいかと思います。

上の動画にもありますように、Reスキル講座の教育訓練給付金を受けられますので、最大で56万円のキャッシュバックを受けられます。そのため、月々20,500円からという無理のない受講料で学習できます。

DMM WEBCAMP専門技術講座の受講料から最大で56万円キャッシュバックの紹介画像

加えて、転職保証により再就職できなければ全額返金してもらえますので、実質的なリスクなく、プログラミング学習をできます!

さらに、スキルに関してもプログラミングの基礎的なスキルから、AI分野(Python)にいたるまで学べますし、何より現場に近いチーム開発もできます!
就転職先も、IT/Web企業、もしくは大手企業のWeb部門だったりしますので、今後のキャリア形成をきちんと考えるのであれば、DMM WEBCAMPで学習するのが良いと思います。

ちなみに、ハローワークでは新型コロナウイルスの影響で募集を延期している講座も多いなか、DMM WEBCAMPは取り急ぎ、オンライン学習でスタートできます。
一度、オンラインカウンセリングを受講されてみては如何でしょうか。

DMM WEBCAMPについて 
3分チェックする!

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)は、課題を実践していく事でエンジニアとしてのスキルを習得していけるプログラミングスクールです。

DIVE INTO CODEでは、「機械学習エンジニアコース(旧:エキスパートAIコース)」が、DMM WEBCAMP同様、経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座」に認定され、さらに厚生労働大臣より「専門実践教育訓練講座」、「専門実践教育訓練給付金」、「教育訓練支援給付金」の対象講座にも指定されているのだそうです。

DIVE INTO CODEでの給付金の金額は最大40万円となります。
40万円の給付金がおりても、受講料として60万円以上はかかってしまうのですが、機械学習エンジニアはこれからニーズがあり、スクールとして人気も高いので、多少は余力があって未来への投資だと思える方にはおすすめです。

DIVE INTO CODEについて
もっと詳しく見る

新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響により、5月末日ではなく念のため6月末日までの間、東京校の教室利用が停止されています。その間は、Zoomミーティング、オンライン学習サービス「DIVER」とを組み合わせた学習となります。

DataMix(データミックス)

データサイエンティスト育成コースで評判のデータミックスの紹介画像
DataMix(データミックス)は、エンジニア/プログラマーというよりは、データサイエンティストの育成で評判のスクールとなります。
ただ、データサイエンティストになるために、PythonやRというプログラミング言語は欠かせませんので、基本的にはプログラミング+αのことを学習していきます。統計学の知識はもちろん、ディープラーニングやビジネスに関することも学習します。

DataMix(データミックス)の給付金は厚生労働大臣の「専門実践教育訓練給付制度」に認定されており、専門実践教育訓練の講座を受講し、受給資格およびデータミックスの定める修了要件を満たし、指定の期日までにハローワークへ所定の申請を行えば、最大受講料の70%(最大で約51万円)の給付を受けることができます。
仮にMAX金額となる51万円の給付が受けられたと仮定しますと、約23万円で受講することができます!

詳しい話も聴けますので、説明会に申込をされてみては如何でしょうか。

データミックスの
説明会に申し込む!

就転職支援付き無料プログラミングスクールも注意が必要!

無料でプログラミング学習を支援するスクールは、職業訓練給付金をもらう方法だけではなく、就転職支援付きの無料プログラミングスクールという形態の学校で学習する方法もあります。

ただ、ハローワーク(公共職業安定所)でおすすめされているスクール同様、あまり良い評判を聞かないところが多いです。
このタイプのスクールのビジネスモデルは受講生を企業へ紹介し、採用が決まった際に企業からいただける紹介料が原資となり、スクール運営・受講料が無料となる仕組みです。
そのため、自分のキャリアをじっくり考えて就転職をするという事が考えられない懸念が出てきます。

もちろん、すべてのスクールがそうという訳ではありませんが、スクール選びを失敗するリスクを考えたら、辞めておいた方が無難だと言えます。

まとめ

今回は、職業訓練校のプログラミング科目、教育訓練給付金がもらえる厳選プログラミングスクール、就転職支援付き無料プログラミングスクールの注意点について紹介しました。

新型コロナウイルスの影響などで失業される人も増え、いずれはエンジニアにも影響は出てくると思われます。
そんな中で、中長期的に生き残っていくためには、エンジニアとして最初に就業する会社、その元の考え方を学習するスクール選びは極めて重要です。
無料に飛びつきたくなる心理は解りますが、タダより高いものはありません。ぜひ、後悔のない選択をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました