教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール厳選3校

「教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール」のアイキャッチ画像

Webデザインスクールで給付金の対象講座がどれかと調べるのもちょっと大変なのではないかと思います。
今回は、教育訓練給付金の概要や種類から、一般教育訓練給付金の支給対象者・受け取れる金額、給付金制度のあるWebデザインスクールと対象コース/講座について紹介します。

教育訓練給付金とは?

「教育訓練給付金」とは、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的に、働く人の能力開発や中長期的なキャリア形成を支援するために、民間の資格スクールや学校などでかかる受講料の一部が支給される給付金のことです。

「教育訓練給付金」は、

  1. 一般教育訓練給付金
  2. 専門実践教育訓練給付金
  3. 特定一般教育訓練給付金

の3つの種類に大きく分かれます。

それぞれの給付金を受け取れる対象者や給付金の金額の要件は異なりますが、今回は、Webデザインスクールの中でも多くの学校で取り扱われている一般教育訓練給付金について、掘り下げて紹介します。

一般教育訓練給付金の支給対象者

はじめて、一般教育訓練給付金の支給を受けようとされる方は、受講開始日現在の日付で、雇用保険の支給要件期間が1年以上であることが必要となります。
2回目に支給を受けようとされる方は、前回の教育訓練給付金受給から3年以上経過していて、雇用保険の支給要件期間が3年以上あることが必要です。

なお、雇用保険の支給要件期間と難しく書いてますが、要は、雇用保険がお給料から引かれて働いている期間が1年以上か3年以上かということです。
1年や3年というのは通算ですので、1社で半年間、もう1社で半年間、通算して1年間雇用保険を引かれて勤務していた場合でも、もちろんOKです!

また、職業訓練学校に行く訳ではありませんので、離職(失業)している必要はなく、在職者でもOKです。
離職されてる方でしたら、職業訓練でWebデザインを学習されると、受講料の全額もしくは大部分が戻ってきますので、教育訓練給付制度では無い方がお得だと思います。

一般教育訓練給付金で支給される金額

一般教育訓練給付金で支給される金額は、支払った受講料の最大20%(最高で10万円)となります。
自分の住んでいる地域の管轄のハローワークに講座終了後に申請し、所定の手続きを経ると、国から自分の指定する金融機関の預金口座に戻ってきます。

参考:ハローワークインターネットサービス「教育訓練給付制度」より

一般教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクールと対象講座

一般教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクールと対象コース/講座を調査しました。以下に厳選して3校紹介します。

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座

ヒューマンアカデミーのWebデザイン講座の紹介画像
ヒューマンアカデミーというスクールで、Webデザインに関する講座があります。
Webデザインやプログラミング学習に力を入れているスクールで全国になんと29校舎もあります。

全国29校あるヒューマンアカデミーの校舎・教室一覧紹介画像

オンラインで受講できる教材やカリキュラムも整っているので、自宅にいながら好きな時間に受講することもできます!
まずは、資料請求もしくはデジタルパンフレットをチェックされてみては如何でしょうか。

給付金制度を受給できる対象コース/講座名

ヒューマンアカデミーでは、Webデザイナー講座の中で、3つのコースが一般教育訓練給付金制度の対象講座となっています。

  • Webデザイナースタンダードコース
  • Webデザイナープロフェッショナルコース
  • Webデザイナーパーフェクトコース

例えば、Webデザイナースタンダードコースの場合、税込で402,424円かかりますが、講座終了後にハローワークに申請して80,485円が戻ってきますので、実質の自己負担額は321,939円ですね。

ヒューマンアカデミーのWebデザイナースタンダードコースでの教育訓練給金支給金額イメージ画像

KENスクールのWebデザインコース

KENスクールWebデザインコースの紹介画像
KENスクールというPC総合スクールでもWebデザインコースがあり、幾つかのコースで、一般教育訓練給付金制度対象のコース/講座があります。

給付金制度を受給できる対象コース/講座名

一番リーズナブルな講座だと、6ヶ月間で365,200円のコースから73,040円(20%)給付金が支給され、292,160円で受講できます。
一番お高い講座だと、9ヶ月で569,800円のコースから満額の10万円給付金が支給され、469,800円で受講できることになります。

  • Web実践就転職総合コース
  • Web実践キャリア就転職総合コース
  • Web実践プロデザイングラフィック就転職総合コース
  • PHP×Web実践キャリア就転職総合コース

インターネットアカデミーのWebデザイナー入門コース

インターネットアカデミーのWebデザイナー入門コース紹介画像
引用:インターネットアカデミーのWebデザイナー入門コース紹介ページより

インターネットアカデミーという東京の渋谷と新宿にあるスクールでも一般教育訓練給付金を受給してWebデザインを学習することができます。
ただ、インターネットアカデミーも現在は、新型コロナウイルスの影響で2020年6月に入った現在も休校しています。

給付金制度を受給できる対象コース/講座名

給付金制度を受給できる対象コース/講座は以下の通りです。満額の10万円受け取れるコース/講座が多いため、先に紹介した2校よりはややお高めかもしれません。

  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座
  • Webデザイナー総合コース
  • Webディベロッパーコース
  • プログラマーコース
  • Webデザイナー転身コース
  • UIデザイナーコース+Illustrator講座
  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座+Webマーケティング講座
  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座+JavaScript講座
  • Webデザイナーコース+作品制作講座+PHP講座
  • Web担当者コース
  • プログラマー入門コース+PHP講座+Java講座
  • プログラマーコース+作品制作講座+スマートフォンサイト制作講座
  • Webディベロッパーコース+Webマーケティング講座
  • Webデザイナー総合コース+Webクリエイター能力認定試験対策講座
  • Webディベロッパーコース+Webクリエイター能力認定試験対策講座

まとめ

今回は、教育訓練給付金の概要から、一般教育訓練給付金の支給対象者・金額、給付金制度のあるWebデザインスクールと対象コース/講座について紹介させていただきました。

また、給付金対象講座はありませんが、割引額を多くしたりと、充実した内容のWebデザインスクールを徹底比較した記事もありますので、下記の関連記事もぜひチェックされてみてくださいね。

Webデザインスクール徹底比較!社会人にもおすすめの学校を総合ランキング2020
Webデザインスクールは学習内容(カリキュラム)、受講期間、料金は勿論、校舎のある地域、就職・転職サポート、体験レッスンの有無、教育訓練給付金対象講座かなど、各スクール似通っているようで少しずつ特徴に違いがあります。本記事では自分の体験も元に、各スクールを徹底比較し、社会人にもおすすめの学校をランキングも交え紹介します。
タイトルとURLをコピーしました