デジハリオンラインAdobeマスター講座の評判は?たのまなとも比較!

デジハリオンラインAdobeマスター講座の評判は?たのまなとも比較!の記事アイキャッチ画像

AdobeCCを安く購入する方法として知られるデジハリオンラインスクールのAdobeマスター講座。色々気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デジハリオンラインスクールのAdobeマスター講座のメリット・デメリット、評判、よく比較されるヒューマンアカデミーのオンラインブランド「たのまな」のAdobe講座との比較まで徹底紹介します。

デジハリオンラインスクールのAdobeマスター講座とは?

デジハリONLINEのAdobeマスター講座の紹介画像
デジハリ(正式名称:デジタルハリウッド)は日本各地に校舎を持つクリエイター育成スクールです。その中で、オンライン学習に特化したサービスがデジハリオンラインスクールです。

デジハリオンラインスクールは、ゲームクリエイター・Webデザイナー・グラフィックデザイナーなど様々な分野になりたい人の育成やその分野のスキルの習得を目的としたオンライン完結型のスクールです。
デジハリオンラインスクールはアドビ社から正式にプラチナスクールパートナーとして日本に4校だけ認定をされたスクールであり、中でもAdobeマスター講座はAdobeCCのソフトが使えるライセンスが1年付く日本でも最安値で始められるコースとして高い人気を誇ります。

デジハリAdobeマスター講座のメリット


まずは、デジハリAdobeマスター講座のメリットから紹介します。

キャンペーンやクーポン無しでもAdobeCCを安く手に入れることができる!

AdobeCCを安く手に入れるためには、大きく分けて3つの方法があります。

  1. Adobe公式のキャンペーンで公式サイトから購入する方法
  2. AmazonなどのECサイトや量販店のクーポン・ポイントを利用する方法
  3. アドビプラチナスクールパートナーの受講生となり学割で購入する方法

この3つのうち、最もお得に手に入れる方法は、アドビプラチナスクールパートナーの受講生となり学割で購入する方法です。
アドビプラチナスクールパートナーの中でも受講料には差があり、デジハリとたのまなの2校が同額で最安となります。

デジハリは通年を通し、税込39,980円という価格で提供しており、特にキャンペーンやクーポンの配布はありません。
つまり、キャンペーンやクーポン無しでAdobeCCをいつでも格安で手に入れられる方法と言い換えることもできますね。

2021年最新!Adobe CCを安く買う方法(社会人も学生もOK)
AdobeCC公式のサブスクリプションプランを利用している社会人や学生も少なく無いと思います。しかし、個人版であれば割引で買う方法がいくつかあります。今回はECサイトや家電量販店とも比較しながら、社会人でも格安の学割で使えちゃうオンラインスクールに登録して安く買う方法について解りやすく紹介します。

AdobeCC各ソフトの基礎動画教材46時間分が1ヶ月間見放題になる!

デジハリオンラインのAdobeマスター講座は、AdobeCCの各ソフトの使い方の基礎について46時間の動画教材について学習していきます。
大きく分けて4つの学習テーマになります。

  1. Illustrator/Photoshop実習
  2. HTML/Dreamweaver実習
  3. After Effects/Premiere実習
  4. InDesign実習

HTMLはDreamweaver実習を進めていく上での基礎知識として学習する必要があります。
AdobeCCのソフトとは少しテーマが異なりますが、ホームページ制作を学習する上で身につけておかなければならないスキルですので、この機会に覚えておいて損はありません。

上記4つの学習テーマについて、1ヶ月見放題になるのは良いですね。

料金内で課題添削も3回までしてもらえる!

そもそもの価格が安いのでたのまなのAdobe学習講座では課題添削が別途オプションで有料となります。
しかし、税込39,980円という料金内で、デジハリのAdobeマスター講座は課題添削が3回まで無料でしてもらえます!
これはデジハリならではのメリットです。

AdobeCCは受講生個人の商用利用もできる!

AdobeCCは受講終了後も、受講開始のタイミングでAdobeCCのライセンスをスタートしてから1年間はそのまま利用できます。
そのまま利用できる期間に受講生個人は商用で使って問題ありません!

デジハリAdobeマスター講座のデメリット

メリットがあればデメリットもあります。
続いては、デジハリAdobeマスター講座におけるデメリットを紹介します。

AdobeCCの基礎的な学習できない!

たのまなもデジハリもAdobeの講座はAdobeCCに関連した基礎的な学習となります。
そのため、これを学んだからWebデザイナーとして転職できるかと言ったら正直難しいです。
総合職の人がちょっとAdobeCCの素養もあります適度のスキルが身に付くと考えておくと良いでしょう。

もし、未経験からWebデザイナーとしての転職を目指すのでしたら、最初からWebデザインスクールに通ってしまった方が良いでしょう。
もちろん、WebデザインスクールもAdobeCCは学生教職員版が一緒に付いてきますので安心してください。

ただ、素養があるのかちょっと試したいというのでしたら、Adobeマスター講座を購入されてみても良いかもしれませんね。

DTP制作については学習できない!

デジハリとよく比較される「たのまなAdobe通信講座」にはDTP制作に関する課題もありますが、デジハリではWebに関する学習がメインとなりますので、紙のデザインに関するテーマはありません。
もし、紙媒体のデザインも学習したいのでしたら、デジハリAdobeマスター講座はおすすめできません。

法人での購入・利用はできない!

これは他のアドビスクールパートナーも一緒ですが、法人での購入・利用はできません。
以前は公人での購入や商用利用もできたのですが、2019年6月のルール改定によりできなくなりました。
もちろん、法人の研修にも利用できませんので、注意しましょう。

受講生個人の勤務または取引する会社・団体のためにAdobeCCを利用できない!

受講生個人が仕事に役立てようと購入することもあると思います。
しかし、勤務する会社や、個人事業主(フリーランス)が企業や団体から受託する仕事のための商用利用にはAdobeCCを利用することができません。

個人の商用利用はOKとは言え、上記のような仕事がNGとなるとだいぶ範囲が絞られます。
心配な人は、アドビ公式サイトのキャンペーンやAmazonや量販店のECサイトのクーポンなどを利用して購入するようにしましょう。

デジハリとたのまなのAdobe通信講座を比較

税込39,980円で、社会人が学割価格でAdobeCCを利用できるとのことでよく比較される「たのまな」と「デジハリONLINE」のAdobe通信講座を簡単に比較させていただきます。

最安値コース名デジハリオンラインのAdobeマスター講座通信講座「たのまな」のアドビトレーニング通信講座
料金税込39,980円
(通年)
税込39,980円
(2021年6月より通年)
動画視聴期間1ヶ月1ヶ月
AdobeCCの利用期間利用開始から1年間利用開始から1年間
AdobeCCの利用開始時期決済完了後、即時Adobeライセンスのコードがメール送付クレジット決済の場合、決済完了してから数日以内にAdobeライセンスのコードがメール送付
課題添削の料金3回まで無料別途オプション料金
※32,000円(税込)で8回の添削
講座内容
  • Illustrator/Photoshop実習
  • HTML/CSS/Dreamweaver実習
  • After Effects/Premiere実習
  • Flash/ActionScript実習

上記の実習に関する動画視聴と課題制作に関する添削指導。
課題はWebページ制作になります。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • InDesign
  • Dreamweaver
  • After Effects
  • Premiere Pro

上記のアドビソフトに関する操作方法と課題制作に関する添削指導。
課題はDTP制作とWeb制作になります。

デジハリオンラインのAdobeマスター講座は、決済完了した後、即時メールにてAdobeCCライセンスのシリアルコードがメールにて送られてきます。
また、通年を通し税込39,980円という価格で購入できます。
一方で、たのまなはキャンペーン期間でなければ税込39,980円にならないという事は無くなったとは言え、大型連休などを挟むとシリアルコード発行にも数日かかる場合がありますので、すぐに格安料金でAdobeCCを利用したいという人はデジハリオンラインの方が良いかもしれません。

それと、メリット・デメリットの部分でも紹介しましたが、デジハリオンラインは39,980円の料金内で課題添削が3回まで無料でしてもらえます。
一方で、たのまなは有料でオプション料金を支払って添削してもらうことになりますので、とにかく安くスキルを身につけたいのであれば、デジハリの方が良いと思います。

スキルを身につける部分についてもう少し補足をしますと、動画講座に関して、講師が顔出しで緩急をつけながら解りやすく紹介をしてくれ個人的にはデジハリオンラインの方が解りやすいと思いました。
たのまなの動画講座についてはAdobeCCのソフトの使い方を講師は顔を出さず淡々と解説していきます。
ここは好みが分かれる部分ではありますが、面白く飽きずに見たいという方でしたら、デジハリのAdobeマスター講座の方が合っていると思います。
参考までに、デジハリの講座ダイジェスト動画を1つ紹介します。

デジハリの方ばかりおすすめしている風に見えますが、たのまなも勿論良い部分があります。
受講できるAdobeCCのソフトの講座数が多いことに加え、DTP制作の課題もあります。
デジハリはあくまでWeb系スキルのみの習得に特化していますので、「DTPも学習してみたい」「色んなソフトについて触れてみたい」という方はたのまなの方が良いと思います。

たのまなAdobe通信講座を実際に購入し評判を検証!
たのまなAdobe通信講座に関するよくある疑問や講座内容、AdobeCCを安く使えることで比較されるデジハリONLINEとの比較など、皆さんが気になることをSNSの口コミ・評判も交えながら実際に購入して受講した内容とも比較検証し徹底解説します!

デジハリAdobeマスター講座の口コミ・評判

私の個人的な意見でデジハリAdobeマスター講座を推していますが、SNSなどでの口コミ・評判がどうなってるかについても少し紹介します。

通年を通して39,980円という格安で購入できる!

たのまなAdobe格安プランの対象外期間(つまりキャンペーンで39,980円になる期間)にどう購入するかと言うツイートですね。
2021年6月より、たのまなも通年通して39,980円で購入できるようになりましたが、昔から変わらず通年通して格安なのはデジハリだけですので、以前はこのような口コミも多かったですね。

即時、AdobeCCライセンスのシリアルコードが送られてくる!

たのまなも昔のように郵送ではなくメールで送付される形になりましたので、今は7営業日かかるという事は無いのですが、とは言え大型連休などを挟むと数日かかる事はあります。
ただ、デジハリはシリアルコード(ライセンス)が1分で送られてくる(決済方法によってはもう少し遅い場合も有り)というのはクレジットカード決済で進めれば事実ですので、すぐにAdobeCC使いたい人はデジハリはおすすめという口コミ・評判ですね。

気になる疑問

最後に、気にしている人も多い疑問についても解説します。

講座の領収書は発行できるの?

講座の領収書発行は可能で、申込み時に領収書の宛名も指定できます。
ただ、法人名義での購入はできませんので、法人名の領収書は基本発行できないようです。
できてフリーランスが屋号で領収書発行するところまでですかね。

2年目もAdobeCCを使いたいけど継続更新できるの?

これは全く問題ありません。
2年目だけでなく、3年目も4年目も使えます。
私もデジハリで購入したり、たのまなで購入したりしてます。

新たにデジハリAdobeマスター講座を購入したら、Adobe Creative Cloud 学生・教職員個人版 ダウンロード版のシリアルコードがメールで送られてきます。
既に1年目のコードの期間が残っていても、新しいシリアルコードを入力すると、プラス1年使えるように期限が更新されます。
そのため、期限が切れてから購入をしなくても大丈夫なのです。

逆に、1年目のライセンスの期限が切れてしまい、「自動更新」をオフにしていなかった場合、AdobeCCのクラウド版の課金が始まってしまいます…。
その方が勿体なかったりしますので、まだ期限は何ヶ月も残っていてすぐに購入しない場合でも、Adobeアカウントの自動更新はオフにしておく事をおすすめします。

ただ、学生・教職員個人版は卒業し、今後はガンガン法人の仕事で使っていくのでしたら、自動更新をオフにしなくても大丈夫です。

まとめ

今回は、デジハリオンラインスクールのAdobeマスター講座について紹介させていただきました。
お得に活用して、色んな意味でAdobeマスターを目指してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました