2024年最新!Adobe CCを安く買う方法(社会人も学生もOK)

最新!Adobe CCを安く買う方法(社会人も学生もOK)の記事アイキャッチ画像
[一部PRあり]

WebデザインであればPhotoshopやIllustrator、動画編集であればPremiere Proを使うと思いますが、AdobeCC公式のサブスクリプションプランを利用している社会人や学生も少なく無いと思います。しかし、個人版であれば割引で買う方法がいくつかあります。
そこで今回はAmazonなどのECサイトや家電量販店とも比較しながら、社会人でも格安の学割で使えちゃうオンラインスクールに登録して安く買う方法について、どこよりも解りやすく紹介します。

アドビ公式サイトでのAbobeCCの通常価格

アドビ株式会社(旧:アドビシステムズ株式会社)の公式サイトでAdobeCCのコンプリートプラン(すべてのソフトが使えるプラン)を購入する場合、

  • 個人版:税込7,780円/月
  • 法人版:税込10,780円/月

通常価格となります。

上記の金額はそれぞれ1ヶ月の価格です。
1年間使える年間プランは個人版は若干割引されますので、税込86,880円/年になります。
ちなみに法人版は年間契約にしても割引されませんので、
10,780円 × 12ヶ月 = 税込129,360円/年
の料金となります。

Adobe Creative Cloudの個人版プランについては2022年4月27日と2024年3月5日に価格改定、つまり数年で2度も値上げされています。
Adobeはアメリカに本社を持つ世界的な大企業です。Adobe Creative Cloudも世界的なインフレや円安ドル高によってここ数年を見ても日本円ベースだと、だいぶ高くなっています。今後、円安が進むことはあっても数年前のドル円レートに戻ることは考えにくいため、Adobe Creative Cloudが値上げされることはあっても値下げされることは考えにくいと思われます。

不定期開催のキャンペーン/セールで購入すると個人版は若干安くなる!

アドビ公式サイトでは不定期でキャンペーン/セールを開催しています。
アドビ公式サイトのキャンペーンで購入すると、個人版は若干安くなります。若干というのは2割から3割程度の割引率になります。

アドビ公式のキャンペーンやセールに出会えたらかなりラッキーですが、2023年の3月を最後に直近1年は割引セールを見かけませんので、常時Adobe CCを安く買う方法をこの後からいくつか紹介しますね。

ちなみに、Adobe CC法人版コンプリートプランは公式サイト以外からは購入できないのでAdobe公式サイトの一択になります。

ヨドバシなどの家電量販店の場合、10%のポイント還元分お得に買える!

家電量販店のWebサイトを見てみましょう。今回は大手家電量販店のECサイト「ヨドバシドットコム」で確認します。すると下記のように税込86,880円という価格でAdobeCCのコンプリートプラン12ヶ月版が販売されています。

ヨドバシドットコムでのAdobeCC個人12ヶ月版コンプリートプラン商品紹介画像

 
価格はアドビ公式サイトで販売されているCreative Cloudコンプリートプランの年間プランと同じ金額です。ただ、購入価格の10%分、つまり8,688円の家電量販店の独自のポイント還元(ヨドバシポイントの還元)がありますので、実質価格は78,192円と考えても良いでしょう。

AmazonなどのECサイトだと公式サイトより消費税分お得に買える!

続いて、ECサイトの世界最大手「Amazon(アマゾン)」を見てみました。Amazonでは、AdobeCCのコンプリートプラン12ヶ月版が78,982円で販売されています。

AmazonでのAdobeCC個人12ヶ月版コンプリートプラン紹介イメージ

 
この金額を紐解きますと、ちょうど税込86,880円を税抜にした価格と一致します。出荷元を確認するとAmazon.com Sales, Inc.となっていますので、日本法人として販売していなく消費税がかからず購入できるのかもしれません。
Amazon.co.jpと言えど、全ての販売元が日本の会社ではありませんので、このような対策をして日本市場に参入されている会社も多くあります。

ポイント還元を考えたら、家電量販店系のECサイトの方がお得に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり買い物しない方にとっては最初から安い方が嬉しいですよね。

ただ、ヨドバシドットコムもAmazonも安くなると言っても正直10%程度です。
実は、Adobe CCコンプリートプラン個人版を、合法でさらに安く買うことができる方法があるのです!

社会人がAdobeCCを最も安く買うならWebスクールの学生になる方法一択!

一般企業にお勤めの社会人がAdobeCCを最も安く買うのであれば、Webスクールの学生になる方法の一択です!
正直この方法は、家電量販店やECサイトよりもAdobeCCを安く買うことができるばかりか、AdobeCCの使い方講座の動画講義も一定期間受け放題になることができちゃうんです!
厳密に言うと、AdobeCCの各種ソフトの使い方を学ぶ短期講座を受けて、短期講座の受講開始の際に、Adobe Creative Cloudの学生・教職員個人版(アカデミック版)を一緒に購入する方法です。

アドビ公式サイトをチェックしますと、アドビスクールパートナーなる学校が紹介されており、日本のパートナースクールは

  • isa PCスクール
  • アドバンスクール
  • デジタルハリウッド
  • ヒューマンアカデミー

の4校があります。

AdobeCCが学割で購入できるアドビ スクールパートナー一覧

上記の4校ともオフラインとオンラインの両方の学習スタイルで受講できます。

アドビスクールパートナーのオンライン講座を比較

当然、オフライン通学スクールよりも、オンラインスクールの方が受講料が安くなりますので、4校の最安値の学習コースを比較してみましょう!

スクール名 AdobeCC付き最安値コース名 料金(税込)
isa PCスクール
isa PCスクールのロゴ画像
ISAオンライン通信講座の
通信7講座セット(練習用データ付き)
43,230円
アドバンスクール
アドバンスクールのロゴ画像
アドバンスクールオンラインの
WEB/DTPエキスパートコース
51,700円
39,980円
デジタルハリウッド
デジタルハリウッドのロゴ画像
デジハリONLINEの
Adobeマスター講座
39,980円
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー通信講座のロゴ画像
ヒューマンアカデミー通信講座の
Adobeベーシック講座
39,980円

4つのスクールを比較してみますと、「デジハリONLINEのAdobeマスター講座」と「ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座」がそれぞれ39,980円(税込)と最もお得なことが解ります。
アドバンスクールオンラインも、最近になり追随して頻繁にキャンペーンを実施して39,980円で提供することが増えてきましたが、カリキュラムの充実度・知名度・実績を考えたら、デジハリONLINEかヒューマンアカデミー通信講座の2択ですかね。

デジハリONLINEとヒューマンアカデミーのAdobeCC付き最安値講座を比較

デジタルハリウッドとヒューマンアカデミーのオンライン講座がAdobeCC付き講座の最安値だという事は解りましたが、講座内容や期間の違いはあるのでしょうか。ここでは、デジハリONLINEとヒューマンアカデミー通信講座の講座内容をそれぞれ比較してみてみましょう。

最安値コース名 学習期間 講座内容
デジハリONLINEのAdobeマスター講座
デジハリONLINEのロゴ画像
  • 動画視聴期間:1ヶ月間
  • 添削期間:2ヶ月間
  • AdobeCCの利用は1年間
  • Illustrator/Photoshop実習
  • HTML/CSS/Dreamweaver実習
  • After Effects/Premiere実習
  • Flash/ActionScript実習

上記の実習に関する動画視聴と課題制作に関する添削指導。
課題はWebページ制作になります。

ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座
ヒューマンアカデミー通信講座のロゴ画像
  • 動画視聴期間:1ヶ月間
  • サポート期間:3ヶ月間
  • AdobeCCの利用は1年間
  • Photoshop
  • Illustrator
  • InDesign
  • Dreamweaver
  • After Effects
  • Premiere Pro

上記のアドビソフトに関する操作方法と課題制作に関する添削指導。
課題はDTP制作とWeb制作になります。

そもそも料金も同じですので「デジハリONLINE」と「ヒューマンアカデミー通信講座」で学習期間やサポート・講座内容に大きな差がある訳ではありません

そのため、Adobe Creative Cloudを安く買いたいだけの人は正直どちらでも良いと思います。

注意点があるとすれば、ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座は課題添削に別途料金がかかり有料である点とAdobeCCを使えるライセンスコードが届くのに多少時間がかかります。大型連休などを挟む場合は1週間前後かかる可能性もあります。
一方で、デジハリONLINEの課題添削は3回まで基本料金に含まれており、ライセンスコードは最短10分程度(遅くとも即日)で届きます。

あとは、AdobeCCを利用するのはあくまで個人になると思いますが、ヒューマンアカデミー通信講座は法人名義で購入することができず、領収書も法人名義で発行してもらえません。これに対し、デジハリONLINEは法人名義で購入し、法人名義でデジハリ側のインボイス登録番号の入った領収書を発行することができます
※会社の経費にしたい人はデジハリONLINE一択になりますね。

そして、これは現時点だけかもしれませんが、ヒューマンアカデミー通信講座は旧名称の「たのまな」というブランドからリニューアルをされました。計画性の無いリニューアルをされたためか、対応が追いついていない印象を受けます。もうリニューアルから1ヶ月以上も経ちますが全然対応が追いついてないです。ヒューマンアカデミーの方や取引先企業の人とも会話しましたが、相当のんびりしている印象を受けます。一方でデジハリは対応が迅速です!

そのため現時点では、ヒューマンアカデミーの通信講座はおすすめできません。ちなみに通学講座の方は全然問題ないので不思議な企業です。

このように全く同じ内容という訳でもありませんので、両講座の特徴を踏まえながらそれぞれの講座について紹介させていただきます。

Web制作やクリエイター職を目指すなら、デジハリONLINEのAdobeマスター講座

デジハリONLINEのAdobeマスター講座の紹介画像

 
デジハリONLINEは、AdobeCCのソフトの操作以外に、HTML/CSSの実習動画があります。

 
HTMLやCSSは、ホームページやWebサイトの構築に最低限必要なフロントエンドプログラミング言語です。
Webデザイナーになるためにも必須のスキルですが、これはヒューマンアカデミー通信講座のコースには含まれていません

また、デジハリONLINEのAdobeマスター講座は制作課題の添削が最大3回まで料金に含まれているのですが、ヒューマンアカデミー通信講座での課題添削はオプション料金がかかり有料になります…。
スキルアップを目的にしている受講生にとっては、ここの料金は大きいかもしれませんね。

そして、AdobeCCを使えるライセンスコードと受講者IDが届くのは最短で10分程度、遅くとも即日メールにて届きます。
この速さはアドビスクールパートナーの中でも随一ですね!

デジハリONLINEを運営するデジタルハリウッド自体が広義のクリエイター職に強いスクールであるため、将来的にクリエイター職を目指すのにも、デジハリONLINEは適しています。

実習課題に関しても、DTP系の実習のはなく、Web系のみの実習のため、Webオンリーで学習するなら、デジハリONLINEのAdobeマスター講座がおすすめです!

デジハリONLINEの
Adobeマスター講座を見る

デジハリオンラインのAdobeマスター講座について、詳しく紹介した記事もありますので、下記の関連記事も参考にされてみてくださいね。

デジハリオンラインAdobeマスター講座の評判は?2年目は?
AdobeCCを安く購入する方法として知られるデジハリオンラインスクールのAdobeマスター講座。今回は、デジハリAdobeマスター講座のメリット・デメリット、評判、そして2年目も更新して利用や領収書の発行はできるのかといった疑問についてまで徹底紹介します。

 

DTP学習と長めのサポートを希望するなら、ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座

ヒューマンアカデミー通信講座Adobeベーシック講座の紹介画像
ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座は、サポート期間が3ヶ月あります。
デジハリONLINEに比べると1ヶ月長いため、長めのサポートを希望するのであれば、ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座の方がおすすめでした。
※先にもお伝えしましたように現時点ではおすすめしておりません。

また、ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座は、Web制作課題のほかに、DTP制作課題があります。
DTP制作課題は、

  • B5フライヤー
  • 名刺サイズ店舗カード
  • 冊子

の3つがあります。

デジハリONLINEとは違いWebもDTP制作も課題添削はヒューマンアカデミー通信講座ではオプション料金がかかり、32,000円(税込)で8回の添削が受けられます…。
この料金の部分では、ヒューマンアカデミー通信講座の方が高くついてしまいますが、デジハリONLINEにはDTP課題の添削はありませんので、Web以外にDTPの制作スキルも身につけておきたいのであれば、ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座の方がおすすめでした。
※現時点ではおすすめしておりません。

スポンサーリンク

ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座については、実際に購入し検証した記事がありますので、ぜひ下記の関連記事をチェックされてみてくださいね。
おすすめはしませんので参考程度にチェックされてみてください。

ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座を実際に購入し評判を検証!
ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座に関するよくある疑問や講座内容、AdobeCCを安く使えることで比較されるデジハリONLINEとの比較など、皆さんが気になることをSNSの口コミ・評判も交えながら実際に購入して受講した内容とも比較検証し徹底解説します!

AdobeCC学生・教職員個人版やスクール利用に関する良い点

AdobeCC学生・教職員個人版やスクール利用に関しては、他にも良い点が色々あります!

オンライン講座の動画や課題に一切手をつけなくても問題なく利用できる!

デジハリONLINEのAdobeマスター講座も、ヒューマンアカデミー通信講座のAdobeベーシック講座も、学生になったからと言ってオンライン動画を必ず視聴しなければいけない訳でもありませんし、課題も一切手をつけなくてもOKです!
これは、デジタルハリウッドまなびメディア事業部の人、ヒューマンアカデミー通信講座(旧:たのまな)の担当の人に、それぞれ確認済みです。
また、一切動画視聴や課題をやってなくても、Adobe CCは普通に問題なく使えますので、ご安心ください!

個人の商用利用は可能!フリーランスや副業もOK!

AdobeCCの学生・教職員個人版(アカデミック版)は、スクールの学生や教職員であれば利用できます。
スクールについては最安値のコースだと動画は1ヶ月で終了してしまいますが、AdobeCCの利用開始時にシリアルナンバーとスクールの入学年月/終了年月を入力すれば、講座終了後も登録時から12ヶ月は利用可能です。
また、学生・教職員個人版であっても、通常版と同様、商用利用もできます!

つまり、フリーランスや副業でAdobe CCを使いながら制作活動をすることも何ら問題ありません。
フリーランスなら経費削減できちゃいますよ♪

AdobeCCを更新して利用も可能!

12ヶ月の利用期間が終了したあと、再びパートナースクールの講座に入り直し、Adobe CCのソフトだけ利用することも可能です。
先にもお伝えしましたように、動画や課題は放置で構いませんので、Adobe CCだけ学生として登録しましょう。

AdobeCC学生・教職員個人版に関する注意点

デメリットという訳ではありませんが、AdobeCC学生・教職員個人版(アカデミック版)には注意しなければならない点がありますので、下記に紹介します。

メンバーシップのお支払い方法の登録をしている人はプランを解約しておく!

AdobeCCのAdobeCC学生・教職員個人版(アカデミック版)のシリアルコードを入力し設定を進めていくと、Adobeのメンバーシップのお支払い(自動更新)の設定をするようAdobe側からガイドが出てきます。
ただ、ここで支払い方法を登録すると、1年後に学割プランのライセンスが切れた際に、Adobeの通常価格でクレジットカード会社の引き落としが開始されます。

最初からAdobe側でお支払い方法の登録をしないことが一番なのですが、もし登録していて自動更新状態になっている人は、AdobeIDでアカウント管理画面にログインし、プランの解約をしておきましょう。

また、すでにAdobeCCを通常版(コンプリートプラン)などで利用していてアカデミック版に切り替える場合にも通常版のプランは解約しておきましょう。
プランの解約方法についての詳しい解説動画がありますので下記をご覧くださいね。

海外からの利用はAdobeIDの言語が日本語である必要がある!

AdobeCC学生・教職員個人版(アカデミック版)は、日本国内向けの教育ライセンス版になるため、AdobeIDの言語設定が日本語である必要があります。
海外からの利用者で、AdobeIDの言語がドイツ語や英語であると、AdobeCCが利用できません。

ただ、ここで注意が必要なのが今使っているAdobeIDの言語を日本語に変更すれば良いのかというとそうではありません。
最初に日本語以外で作成したAdobeIDではAdobeCCのアカデミック版は利用できないため、新規で日本語を言語とし作成したAdobeIDが必要となるのです。
そのため、日本語のAdobeIDを持っていなければ、新規で日本語のAdobeIDを作成しましょう。

ちなみに、新規のAdobeIDに、以前のAdobeIDの情報を同期して引き継ぐことはできませんので、ここも注意しましょう!

スクールに入らずAdobeCCのソフト単体では利用できない!

アドビ公式サイトや量販店・ECサイトなどでは学生・教職員個人版というAdobeCCソフト単体でも販売しています。
ただ、登録時に、スクールの情報を入力しなければ使えませんので、スクールに入らずAdobe CC学生・教職員個人版のソフト単体だけ、アドビ公式サイトや量販店・ECサイトで購入して利用することはできませんので注意しましょう。

法人名義の購入・法人での商用利用はできない!

以前は、法人名義でアドビスクールパートナーに会社の従業員が入り、AdobeCC学生・教職員個人版を登録して、会社の仕事としてクライアントワークを受託し納品し対価を得てもなんら問題ありませんでした。
しかし、アドビスクールパートナープログラムの改定により法人の商用利用ができなくなってしまいました…。

加えて、法人名義の購入もできなくなりました。
そのため、一切商用利用はせず、社員研修の一環としてAdobeCC学生・教職員個人版を使うことも2024年現在はできませんので注意しましょう。

まとめ

今回は社会人でもOKな学割でAdobeCCを学割で安く買う方法について紹介しました。

企業側のクリエイティブ系ITツールを使いこなす能力の必要性
出典:アドビ株式会社のプレスリリースより

AdobeCCを提供しているアドビ株式会社のプレスリリースにもあるように、今やデザインや制作を行う特定の部署以外でも、「クリエイティブ系ITツールを使いこなせる能力が必要だと思うか」というアンケートに就職人気企業ほど必要性を感じており、具体的に必要なシーンも増えてきています。

なので端にAdobeCCが安く買えるからというだけではなく、アドビスクールパートナーでトレーニング通信講座が学習できるのは非常にラッキーです!
どのみち企業側のニーズもあるのだから、本格的に学習したいのであれば最初からWebデザインスクールに通っちゃう方が良いと個人的には思います。

当然1年間ライセンス契約のあるAdobeCCのアカデミック版も付いてきますし、国からの給付金も受けられるスクールもあります。
当サイトにおすすめのスクールを紹介した記事もありますので、ぜひ参考にされてみてください。