Webデザイナーとは?仕事内容や年収・求人などを徹底解説!

Webデザイナーとは?仕事内容や年収・求人などを徹底解説!の記事アイキャッチ画像

オンラインのビジネスをする上で欠かせない職業としてWebデザイナーがあります。
しかし、IT・Web業界でのお仕事やオンラインビジネスに携わっていないとWebデザイナーはどんな仕事内容か、どんな職場があり、年収や求人動向はどうなっているのか、なるために必要な資格やスキルなど解らないものです…。
そこで本記事では、Webデザイナーに関するこれらの疑問について徹底解説します!

Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは、企業や個人のホームページ、ネットショッピングで利用するECサイト、Webメディアなどに出てくるバナー広告、スマホアプリやゲームなど、インターネット上(Web上)で閲覧する様々なものをデザインする仕事です。
仕事内容は携わる案件によって様々で、一口にWebデザイナーといっても所属する企業や案件によってかなり違ったりします。

webデザイナーの仕事内容

一口にWebデザイナーといっても案件により全然違う仕事内容とお伝えしましたが、どのような仕事があるのでしょうか。
ここでは、Webデザイナーの仕事内容として主なものを幾つか紹介します。

Webサイトやスマホアプリの構成やレイアウトを考える

Webサイトやスマホアプリの構成やレイアウトを考え、デザインの設計図を作ります。
この設計図のことをワイヤーフレームと呼び、Webサイト全体のイメージを決定します。
必要に応じてデザイン制作にかかる工数を算出し、Webディレクターと呼ばれる現場監督にお伝えします。

大規模なWebサイト制作やスマホアプリ開発案件の場合、UI/IXデザイナーと呼ばれる職種の人がここの仕事内容を専門的に担当する事もありますが、小中規模のWebサイト制作案件ではWebデザイナーが担当します。
なお、UIとはユーザーインターフェイスの略でユーザーからのページの見た目の事を言い、UXとはユーザーエクスペリエンスの略でユーザーの使い勝手の事を言います。

Webサイトやスマホアプリのデザインを制作する

上記で考えた構成やレイアウトを元に、実際のデザインに起こします。
Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのAdobe製のグラフィックソフトを使い、Webサイトの配色や装飾を決めていきます。
Webディレクターやクライアントの担当者と相談しながら制作を進めていきます。

Webサイトやスマホアプリのコーディングを行う

Webサイトやスマホアプリのデザインが決まったらコーディングを行います。
コーディングとは、Webサイトやアプリのデザインを実際に、HTMLと呼ばれる文章や画像を表示する言語、CSSと呼ばれる配置などのレイアウトを行う言語、JavaScriptと呼ばれる動きのあるデザインを表現する言語を使い、コーディングを行います。

こちらも構成を考える時と同様、小規模案件ではWebデザイナーが兼務しますが、少し大きな案件になると、コーダーと呼ばれるコーディング専門とする職種の人やフロントエンドエンジニアと呼ばれるWebサイト構築を専門とする職種の人が担当します。

Webメディアなどに掲載するバナーを作成する

主に、WebメディアやECサイトを見ると、記事の途中やページの目立つ箇所に、四角い写真や画像でクリックできるような広告が出てくる事があります。
この広告をバナー広告と呼びます。バナー広告の作成も立派なWebデザイナーの仕事です。
Web広告はWebマーケティング施策の一貫ですので、Webマーケターやクライアント担当者と相談しながら作成を進めます。

Webデザイナーの年収や給料事情

Webデザイナーの平均年収は300万円〜400万円程度と言われております。
主要な求人サイトなどを見ても、300万円台が多いかなという印象を受けます。

ただ、所属する企業や携わる案件、賞与の有無などによっても給料事情は異なります。
例えば制作会社や広告代理店という企業形態にお勤めのWebデザイナーであっても、元請けが多いのか、孫請けが多いのかによっても給与は違います。当然、元請けの方が年収・給与が高い事が多い訳です。
ただ元請けであっても、トレンドとなるデザインや技術が求められないような小規模案件だと受注単価が小さいので給与も低い傾向にあり、大規模案件のUI・UXから考えることができ、現場の管理も理解できるデザイナーであれば高収入が見込めるでしょう。

しかし、さらなる高収入にチャレンジするのであれば、より上流でWebデザイナーとして活躍できる企業へ転職をしたり、フリーランスとして独立する事も視野に入れるべきでしょう。
中には、年収1,000万円以上稼ぐWebデザイナーもいますよ。

レバテッククリエイターのような、デザイナー・クリエイターに特化して、正社員転職もフリーランス案件も両方相談できるようなエージェントもありますので、一度カウンセリング面談をされてみるのも良いかもしれません。

レバテッククリエイターの評判は?未経験や在宅求人もあるの?
クリエイティブ職に特化して求人案件を紹介しているエージェント「レバテッククリエイター」について、レバテックキャリアやレバテックフリーランスとの違いから、未経験や在宅OKな案件はあるかなど求人案件のメリット・デメリット、そして気になる口コミ・評判に至るまで徹底解説します!

Webデザイナーの需要や将来性

withコロナの時代になり、より企業のオンラインシフトやデジタルトランスフォーメーションが求められるようになりました。
このような時代背景もあり、Webデザイナーの需要は益々広がっている傾向にあり、将来性もある職業と言えます。

しかしながら、Webデザイナーいらずのホームページ制作ツールなども年々バージョンアップしており、進化しています。また、PhotoshopやIllustratorなどを提供しているアドビ株式会社の以下のプレスリリースにもあるように、今やデザインや制作を行う特定の部署以外でも、クリエイティブ系ITツールを使える能力は就職人気企業の人事や現場担当者ほど必要性を感じていて、具体的に必要なシーンも増えてきています。

企業側のクリエイティブ系ITツールを使いこなす能力の必要性
出典:アドビ株式会社のプレスリリースより

そのため、Webサイトのデザインを指示通りに作れるだけのようなWebデザイナーの需要は減っていくことが考えられ、高収入も臨めなくなります。

それを覆すためには、Webデザインにも関連するようなトレンドやニーズなども意識したマーケティングスキル、Webサイト構築に関わるフロントエンドプログラミングのスキル、Webデザイナーやエンジニアの上流工程にあたるWebディレクションスキルのあるWebデザイナーになるなどスキルの幅を身につけたり、UIやUXも意識したデザインセンスを磨く事です。
別段Webデザイナーに限った話ではありませんが、そのような人材は将来性もあり年収も高くなり、人財として重宝され続けるのは間違いありません。

Webデザイナーに必要なスキル

続いてはWebデザイナーに必要なスキルを紹介します。
Webデザイナーになるために最低限習得する必要があるスキルと、プラスで習得しておくと良いスキルに分けて紹介します。

習得する必要があるスキル
  • Webデザインの基礎知識、UI・UXの理解
  • Photoshop/Illustratorのスキル
  • HTML/CSSの知識、コーディングスキル
  • JavaScriptの知識、プログラミングスキル
プラスで習得しておくと良いスキル
  • Web業界用語の基礎知識
  • ワイヤーフレームの作成スキル
  • 要件定義書・仕様書の作成スキル

1つ1つのスキルに対しての詳しい内容は、Webデザインスクールの紹介記事で紹介していますので、ぜひチェックされてみてください。

Webデザインスクール徹底比較!社会人にもおすすめの学校を総合ランキング2020
Webデザインスクールは学習内容(カリキュラム)、受講期間、料金は勿論、校舎のある地域、就職・転職サポート、体験レッスンの有無、教育訓練給付金対象講座かなど、各スクール似通っているようで少しずつ特徴に違いがあります。本記事では自分の体験も元に、各スクールを徹底比較し、社会人にもおすすめの学校をランキングも交え紹介します。

webデザイナーに有利な資格

Webデザイナーは資格がなければできない独占業務ではありませんので、絶対に取得しなければならない資格はありません。
しかし、未経験者には実績がありませんので、下記のような資格を持っておくとスキルや知識の証明になるため、無いよりはあった方が就転職に有利に働く場合があります。

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定
  • Webクリエイター能力認定
  • アドビ認定エキスパート
  • Photoshop®クリエイター能力認定
  • Illustrator®クリエイター能力認定
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • マルチメディア検定
  • 色彩検定

Webデザイナーになるには?未経験でもOK?

Webデザイナーになるには、最初は未経験でもOKです。
と言いますか、どんな職業に就くにも最初は誰しも未経験です。
しかし、Webデザイン未経験でWebサイトの1つも作った事が無い人はよっぽど運やタイミングが良く無いと難しいと思います。
下記に、Webデザイナーになる方法としてよくあるケースを紹介します。

必要に迫られインハウスのWebデザイナーになる

最初に紹介するのは、未経験からWebデザイナーになる方法として割と運やタイミングに任せた方法を紹介します。
主に、受託側のWebデザイナーではなく、必要に迫られクライアント側(発注側)やインハウスのWebデザイナーになるケースです。

事業会社の広報部・マーケティング部・商品開発部などに多いケースですが、必要に迫られ、Webサイトデザイン、Webマーケティング、PhotoshopやIllustratorの使用などが求められる場合があります。
また、インハウスの場合、希望して部署異動が叶い、未経験からWebデザイナーになれる職場も少なからずあります。

このような場合は必要に応じて自らPhotoshopやIllustratorの使い方を学んだり、体系的に学習できるWebデザインスクールに通ったりする必要が出てきます。
特に部署異動でWebデザイナーになれる可能性がある場合には、千載一遇のチャンスを逃さないよう、Webデザインスクールに通い、自分のブログなどを自作してみて日頃から運用しておくとスキルアップにも繋がるのでおすすめします。

派遣社員やアルバイトで入りキャリアアップする

派遣社員でWebデザイナーとして派遣さたり、アルバイトでWebデザイナーとして入社し、実務経験を積みながらキャリアアップし、正社員登用されるケースです。
これは、Webデザインスクールであまり就転職支援に強くない学校に通ってしまった場合や、独学でWebデザインを学習した場合に、Webデザイナーになる方法として多いケースです。

派遣社員やアルバイトといった雇用形態で参画しますので、実務経験を積みながら、その会社に入るかどうか判断できるというメリットがあります。
しかし一方で、企業側にも正社員にするかどうか判断する権利がありますので、仕事は最大限の結果が出せるよう勤務しましょう!

スキルを積み正社員として就転職する

未経験者が正社員としてWebデザイナー就職や転職をする方法として、この方法が一番多いケースです。
Webデザインスクールなどでしっかりと体系的にWebデザインを学習し卒業制作としてWebサイト制作などを行います。
その制作したWebサイトを実績としてポートフォリオなどにまとめ、企業にWebデザイナーとしてアピールし入社するという方法です。

高い就職率を語るWebデザインスクールもありますが、どこの学校を卒業しても100%希望の企業へ入社できることはまずありません。
将来を見据えてどうなりたいのか考えながら学習し、講師や仲間との横の繋がりもしっかり作り、切磋琢磨したり情報交換したりしながら希望の企業へ就転職できるように頑張りましょう!

フリーランスとして案件を獲得する

いきなり未経験からフリーランスのWebデザイナーになるのは難しいと言えますが、この方法を選ぶ人も少なからず存在します。

主には知人や友人のWebサイト制作を受託したり、中小企業のホームページやバナー広告の作成からスタートするケースです。
例えば子育て中の主婦などで、就転職をするつもりは無いけど在宅ワークで小規模の案件を受託しながら家事と両立して働きたいといった方はこの方法を選ばれる人も結構おられます。

いきなりフリーランス独立して大企業の大型制作案件を受託する事は普通に考えてまずできませんので、甘い考えは捨てましょう。

webデザイナーの求人募集

Webデザイナーの求人募集は、どのようなところでされているのでしょうか。
どのような立場でどのようなWebデザイナーになりたいのかにもよりますが、よくあるケースを下記に紹介します。

未経験Webデザイナーの求人

未経験Webデザイナーの求人は、あまり求人サイトや転職エージェントなどで公に出回っているものは少ないと言えます。
仮に言いことばかり書いてある未経験募集を見つけた場合は、話がうますぎないかと少し疑ってかかっても良いでしょう。

先に紹介したように、社内公募で部署異動する形であったり、Webデザインスクールの受講生向けに求人が出ているケースが多いですね。
まだWebデザインの学習を始める前でしたら、就転職サポートもあるWebデザインスクールに通うのも一つの手ですよ。

経験者のWebデザイナー転職の求人

経験者のWebデザイナー転職となると幅広く色々な方法が使えます。
知人の紹介、ダイレクトリクルーティング、求人サイト、転職エージェントなど様々な手段で転職先を探すことができます。

しかし、制作会社や広告代理店に比べ、事業会社などでのインハウスのWebデザイナーは求人数が少なかったりします。
ケースは少ないですが、幅広い業種の案件に携わり経験を積む事ができる制作会社や広告代理店で実績を積んでいると、クライアントから転職のオファーを受けることもあったりします。
その時に自分の中で十分に経験を積んでいて新しい環境にチャレンジするタイミングだと思えるのでしたらオファーを受けることをおすすめします!
ただその場合は元いた会社と取引が続くことになりますので、飛ぶ鳥跡を濁さないようにしてから転職するようにしましょう。

在宅/リモートワークや副業の求人

コロナの影響もあり、在宅/リモートワークや副業でのお仕事も増えてきています。
最近では、メンバーシップ型雇用よりもジョブ型雇用を求める流れも広がってきていますので、ピンポイントに必要なスキルや能力のある人材に仕事を振るケースも増えてきています。

Webデザイナーに関しても例外ではなく、本業とは別の仕事をジョブ型で受けスキルの幅を広げたり、新しい領域にチャレンジして、より付加価値の高いWebデザイナーになるために副業も受ける選択肢は有りですよ。

高収入フリーランスの求人

高収入フリーランスとして自分でお仕事を見つけて契約するというケースが一般的ですが、フリーランスギルドとしてチームで仕事したり、エージェントに登録したりするケースも増えてきています。
フリーランスギルトは、FreelanceNowやオンラインサロン・チームランサーなどのコミュニティでチームを組み、一人だと請けられないような大きなお仕事を受託します。
ただ、どうしても信頼関係を構築してからのお仕事になるケースも少なくありません。

エージェントに登録する方法だと、最短1週間程度で、自分のスキルに応じて大きな案件に参画できるケースも少なくありません。
そのため、エージェントを活用して高収入のフリーランスWebデザイナーとして活動するのも一つの方法です。

フリーランスWebデザイナーの年収相場やスキル・仕事の取り方などを徹底解説!
Webデザイナーの仕事はフリーランスに向いている仕事として変わらない人気を博していますが、テクノロジーの進歩、ITやWebビジネスの多様化から求められるスキルに変化が見られています。本記事ではフリーランスWebデザイナーの年収相場やスキル、仕事の取り方、なるにはどうしたら良いか等について徹底解説します。

Webデザイナーには独学でなれるの?おすすめのスクールは?

Webデザイナーに独学でなれない事はありません。
例えば、デジハリやヒューマンアカデミーが展開しているAdobeソフト付きの格安オンライン入門講座を購入し、入門講座の動画を見ながらソフトの使い方を独学で学習します。
最低限、PhotoshopやIllustratorの使い方を覚えたら、クラウドワークスやランサーズといった小さなお仕事を多く募集しているサイトでお仕事を探し、最初はバナー広告制作などからはじめて経験を積み、徐々に広告ページ制作やホームページ制作へとステップアップしていく事でWebデザイナーになっていく方もおられます。

2020年最新!Adobe CCを安く買う方法(社会人も学生もOK)
AdobeCC公式のサブスクリプションプランを利用している社会人や学生も少なく無いと思います。しかし、個人版であれば割引で買う方法がいくつかあります。今回はECサイトや家電量販店とも比較しながら、社会人でも格安の学割で使えちゃうオンラインスクールに登録して安く買う方法について解りやすく紹介します。

ただ、独学だと壁にぶち当たった時にどこに相談すれば良いのか困ったり、仲間や師匠がいなく孤独であったり場合が多いため、一度、Webデザインスクールに入って体系的に学習し、スクールの就転職サポートを受け、どこかの企業でWebデザイナーとして様々な経験を積み、Webデザイナーとして活躍をしていった方がスキルが高い人が多いかなとは思います。

Webデザインスクールの中には国の教育訓練給付金が受けられる対象講座を持っているスクールもあり、給付金をもらえるとかなり安く受講する事ができます。
受給要件はありますが、毎月雇用保険を払っている方であれば対象になる人は多いので、使わない手はありませんよ!

給付金対象のおすすめスクールは下記の関連記事で紹介していますので、ぜひチェックされてみてくださいね。

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール厳選3校
Webデザインスクールで給付金の対象講座がどれかと調べるのもちょっと大変なのではないかと思います。 今回は、教育訓練給付金の概要や種類から、一般教育訓練給付金の支給対象者・受け取れる金額、給付金制度のあるWebデザインスクールと対象コース/講座について紹介します。

まとめ

今回は、Webデザイナーになるために必要なスキルや資格・仕事内容・職場・年収や求人などに至るまで広く紹介をさせていただきました。
テレワークやオンライン化が加速する日本において、IT/Web系の職種で活躍できる人材は益々ニーズが高まっています。
この機会に、一度、Webデザインスクールの無料カウンセリングや体験レッスンを受けてみるのも良いかもしれませんよ。

Webデザインスクール徹底比較!社会人にもおすすめの学校を総合ランキング2020
Webデザインスクールは学習内容(カリキュラム)、受講期間、料金は勿論、校舎のある地域、就職・転職サポート、体験レッスンの有無、教育訓練給付金対象講座かなど、各スクール似通っているようで少しずつ特徴に違いがあります。本記事では自分の体験も元に、各スクールを徹底比較し、社会人にもおすすめの学校をランキングも交え紹介します。
タイトルとURLをコピーしました