【プレゼン資料有り】メディア運用でフリーランスのWebディレクターを活用する価値とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは、浅井裕喜です。先日、株式会社クラウドワークス様と共催でセミナーをさせていただきました。

【50名限定】社外ディレクターの活用が進む。メディア立ち上げ・運営におけるクラウドソーシングの活用方法とは?
https://crowdworks.doorkeeper.jp/events/46065

クラウドワークス社と共催の社外ディレクター活用セミナーの写真01

講演テーマは、タイトルにもありますように
「メディア立ち上げ・運用で社外ディレクターを活用する価値とは」
になります。
おかげさまで、51名もの方に参加いただけました!(ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!)

Webディレクターはどこの会社も不足しており、業界的にも、常に誰かを探している状況です。
今回のセミナーでは、Webディレクターがまず何をする役割の人かをご紹介させていただき、常駐、リモートワーク(クラウドワーク)、コンサル型、それぞれのタイプ別に向いている案件タイプなどをご紹介。業務委託やクラウドワーカーを活用する事で人手不足がもっと解消しますよ。なぜなら日本各地には、都合の良い時間に働きたいとか、地理的(地方や海外)、家庭的(子育て・介護)等の理由で、優秀な人が自分のスキルに合った適職につけていないんですからといった内容をお話させていただきました。

クラウドワークス社と共催の社外ディレクター活用セミナーの写真02

クラウドワーク、リモートワーク、ノマドキャリア、パラレルキャリア(1人の人が複数の名刺をもって1人1社にとらわれない働き方)…など多様な働き方が広がってきていますが、まだ企業理解や企業の仕組みが追いついていないのが現状だと思います。
ただ、労働=雇用という固定概念にとらわれていない企業は、少人数で、日本全国、いや、世界各国に、クラウドソーシング等をうまく活用してワーカーと仕事を進めており、業績を伸ばしています。

弊社ではその仕組み作りもできます。
ただし、フリーランサーはサラリーマンとは違い、癖が強い方もいらっしゃいますので、丸っと私のようなクラウドディレクターに投げていただくのも方法としては非常に賢い手法だと思います。
この機会に、一度、社内の成長戦略を見直されてみては如何でしょうか?

インテリジェンスHITO総合研究所さんの調べでは、2025年に、583万人の人手が不足するそうですよ。
http://hito-ri.inte.co.jp/roudou2025/

当日のプレゼン資料は下記をご覧くださいませ!!
クラウドワークと相性の良いコンテンツマーケティング(コンテンツSEO)の取り組みスキームと事例/実績も紹介しておりますよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
mautic is open source marketing automation