DMMマーケティングキャンプの評判は?中の人にも質問して聞いてみた!

DMMマーケティングキャンプの評判は?中の人にも質問して聞いてみた!の記事アイキャッチ画像

日本におけるデジタルマーケターの人口は2万人と言われており、エンジニアやWebデザイナーのように、優秀なWebマーケターも国内に不足していると言われています。

私が20代の頃は、Webマーケターという職種の定義も薄く、実務をするうえで自分で調べてトライ&エラーをしながらスキルや経験・実績を習得していましたが、最近はリスクヘッジなどの観点から未経験からWebマーケターを育成するスクールも増えてきました。

いくつかWebマーケティングを学習できるスクールがある中でも、良く話題に挙がるのがDMMマーケティングキャンプです。
そこで本記事では、DMMマーケティングキャンプの概要からカリキュラムの内容、卒業後の就職先などについて詳しく紹介します。

そもそもWebマーケティングって何するの?

Webマーケティングとはどんなもので、どのような仕事をするのか…。IT/Web業界や広告宣伝に携わっていない人だとあまり馴染みがないのではないかと思います。
Webマーケティングについて超わかりやすく書いてみた記事が別記事でありますので、下記よりチェックされてみてください。

Webマーケティング手法やWebマーケターの仕事内容・年収・なる方法を徹底解説!
馴染みがないと解りにくいWebマーケティング手法の一例から市場規模、日本のマーケター人口、Webマーケターの仕事内容や年収、キャリアや年収アップに重要なスキルや考え方、未経験からWebマーケターになる方法に至るまで徹底解説します!

DMMマーケティングキャンプとは?

DMM MARKETINGCAMP(マーケティングキャンプ)の紹介イメージ
DMMマーケティングキャンプ(DMM MARKETINGCAMP)とは、DMMグループの株式会社インフラトップが運営するWebマーケティングスクールです。

Webマーケティングと一言で言っても幅広いですが、その中でも、GoogleやYahoo!といった検索エンジン、そしてFacebook・Twitter・Instagramなどの広告を運用する担当者を、即戦力として育成する学校です。

DMMマーケティングキャンプで学習する運用型広告サービス

インターネット広告は、テレビや新聞・雑誌のように広告を出したら終わりというタイプの広告ではありません。
広告管理画面を見ながら、1日の広告単価やターゲット(オーディエンス)の見直し、広告クリエイティブの修正や改善といった細かなチューニング(調整)を日々行っていくことで、広告効果か何倍も変わってきます!
また、新しいタイプの広告フォーマットや広告を提供するサービスも頻繁に登場します!

そのため、プロの運用型広告専門のWebマーケターが業界には求められ続けているのです。

教室への通学とオンラインで学習するハイブリッド学習

DMMマーケティングキャンプは、週に1回六本木にある教室へ通学するオフライン講座と、在宅などで学習するオンライン受講のハイブリッドな形で学習を進めていきます。
東京付近に住んでいる人以外の方でも問題なく受講できるよう、オフライン講座はオンラインで受講する形でも参加が可能です!

六本木の教室は、DMM本社の入っている六本木一丁目駅直結の住友不動産六本木グランドタワーになります。

ただ、現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響から、オフライン講座はオンラインで受講する形になっています。

また、オンライン受講時のサポートは、Slackというチャット型のコミュニケーションアプリを使って、メンター・講師の人や運営事務局のスタッフとやり取りを行います。
DMMマーケティングキャンプの中の人に、Slackでの受講生とのやり取りの様子のキャプチャをお借りできましたので、参考にしてみてくださいね。

DMMマーケティングキャンプのメンターによるSlackでの進捗サポート

DMMマーケティングキャンプのメンターによるSlackでのQAサポート

DMMマーケティングキャンプの学習内容・期間・カリキュラム

DMMマーケティングキャンプの学習領域としては、下記の図表を見ていただくのが解りやすいと思います。

DMMマーケティングキャンプの学習領域と就職後の想定年収レンジ

年収で言いますと、300万円〜600万円のレンジにあるネット広告運用のオペレーター職が回せる人材として未経験から転職できるように学習していきます。

DMMマーケティングキャンプの学習期間は3ヶ月です。
大きく1〜2ヶ月目で学習する内容と3ヶ月目で学習する内容に分かれます。

1〜2ヶ月目:基礎知識・プランニング手法の習得/グループワーク

1〜2ヶ月目は、広告運用の基礎知識やプランニング手法を習得する個人ワークと、習得したことを元にグループで行うグループワークを行います。

個人ワークの方は、Webマーケティングの用語や業界理解に始まり、ディスプレイ広告やTwitterやFacebookなどのSNS広告などいわゆる運用型広告と言われる広告担当者が付いて運用する類いの広告を体系的に学習します。
あとは、課題を見つけたりレポートを作成したりするときにも重要なGoogleアナリティクスでのデータ解析の仕方も学んでいきます。

DMMマーケティングキャンプのカリキュラム「広告運用の基礎知識・プランニング手法の習得」紹介イメージ

グループワークの方では、戦略立案の実践や、どのメディアで広告運用するのが最適かといったメディア選定プランニング、広告アカウントの構造理解、効果測定、レポーティングの実践といったところまでを、チームで学習していきます。

DMMマーケティングキャンプのグループワーク内容紹介イメージ

3ヶ月目:広告プランニングワーク

3ヶ月目は、いよいよ、代理店の担当者にプランニング提案を作成し実践力を強化します。
クライアントの課題分析と施策立案をし、4回の提案を行います。
提案が良ければ、ここでスカウトされることもあるそうですよ。

ここで卒業後に、即戦力として活躍するための能力を身につけていきます!

DMMマーケティングキャンプの広告プランニングワークの流れの図

DMMマーケティングキャンプの最終課題で作成された模擬提案書をツイートされている受講生がおられましたので、下記に紹介させていただきますね。

Twitter

DMMマーケティングキャンプの
カウンセリング予約をする!

DMMマーケティングキャンプ卒業後の仕事イメージ

学習できる内容を活かして、卒業後はどのような仕事に就くことができるのでしょうか。
DMMマーケティングキャンプ公式サイトに事例が2つ載っていました。

1つ目は自社サービスの広告を運用する、いわゆるインハウスの広告運用担当者のお仕事で、2つ目は代理店でクライアントの広告の運用に加えクライアントへ提案も行う、いわゆるアカウントマネージャーというお仕事です。

DMMマーケティングキャンプ卒業後のアカウントマネージャーの仕事例

DMMマーケティングキャンプ卒業後の営業コンサルの仕事例

どちらも、広告を運用してPDCAを回して広告効果を最大化できるよう改善していくという部分で共通しています。
実際に学習をはじめないとなかなかイメージが湧き辛いかもしれませんが、なんとなくこんな事をして一日の業務を行うんだなとイメージをしてもらえればと思います。

DMMマーケティングキャンプでの未経験者の転職支援の可否

DMMマーケティングキャンプでは、Webマーケティング未経験者を、Webマーケターとして企業へ転職成功させるサポートを行っていますが、転職支援(キャリアサポート)できる人とできない人がいるとの事です。
解りやすく一覧表にしてある図を中の人にお借りしましたので、下記に紹介します。

DMMマーケティングキャンプの受講可否一覧表

一覧表をご覧いただくと解るかと思いますが受講開始時点で年齢が35歳以上の人、もしくは転職回数が5回以上の人はそもそも転職支援ができないとの事です。
また、年齢が29歳〜34歳の人、もしくは転職回数が4回の人は転職成功の期待値がやや微妙となり、難易度が高くなります。

若くて転職回数が少なければ転職しやすいのはWebマーケターに限った話ではありませんが、受講前に解りやすく示してもらえるのは良いですね!

なお、転職先は、合同会社DMM.comやソウルドアウト株式会社など、Webマーケティング界隈では名の知れた会社に卒業生は転職されています。
部署で言うと、マーケティング部やデジタルマーケティングを行うチームが多いみたいですね。

DMMマーケティングキャンプの口コミ・評判

巷にあるDMMマーケティングキャンプの口コミ・評判を調査してみました。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Webマーケティングスクールは、プログラミングスクールのように乱立はしていないのと、DMMマーケティングキャンプ自体も未だスタートしてからの歴史も浅いため、口コミ・評判も少なめですが、上記ぜひ参考にしてみてくださいね。

DMMマーケティングキャンプの
カウンセリング予約をする!

DMMマーケティングキャンプの受講までの流れ

DMMマーケティングキャンプ受講までの流れの線表
DMMマーケティングキャンプ受講までは、

  1. 無料カウンセリング
  2. 申込
  3. 試験
  4. 受講開始

という流れで進めていきます。

試験については、「受講開始前の試験は何をするの?合格率は?」の部分でもう少し掘り下げて紹介します。

DMMマーケティングキャンプの中の人にも質問して聞いてみた!

DMMマーケティングキャンプの中の人にも不明点を質問して聞いてみました!
下記に紹介しますね。

PCのレンタルはしているの?WindowsとMacどちらがおすすめなの?

PCのレンタルはしていませんので、自身で購入いただく必要があります。
WindowsとMacで言うと、Windowsが推奨端末とさせていただいています。
ただ、Macでも受講に問題はありませんので、ご安心ください。

PCの他に準備するものはあるの?

受講に際して、Google Driveを使いますので、Gmailのアドレスをご準備ください。

学習時間は1日何時間くらい確保すれば良いの?

学習時間は毎日1.5時間から2時間くらい確保してください。

受講開始前の試験は何をするの?合格率は?

DMMマーケティングキャンプの試験は簡単なWEBテストを行います。合格率は80%から90%ですので、概ねの方が合格できます。

DMMマーケティングキャンプの料金や割引など

DMMマーケティングキャンプの料金は、一括で支払うと受講料が税別498,000円です。
クレジットカードは最大4回まで、口座振替だと最大24回までの分割支払いにも対応していて、24回払いだと税別で月額24,000円まで1回の支払い金額を抑えることができます。

この他に、入会金が税別3万円かかりますが、入会金割引サービスというものがあり、カウンセリング後5日以内に申し込みすると入会金が無料となります。

補足としてですが、受講期間を延長して学習する場合は1ヶ月ごとに10万円追加で費用がかかります。
そのため、1日2時間程度は学習時間を確保して3ヶ月で終わらせられるようにしましょう。

DMMマーケティングキャンプの
カウンセリング予約をする!

DMM MARKETING CAMPの在宅学習応援プロジェクト動画も参考に

DMMマーケティングキャンプは、Webマーケティングセミナーをこれまで多く開催してきたマケスタ(運営:株式会社free web hope)とコラボして、5月13日〜7月2日までの10週間の期間限定で、オンラインセミナーを開催しています。

DMM MARKETING CAMPのYoutubeチャンネルに過去の開催セミナーがアーカイブとしてアップされていますので、下記に紹介しますね。
7つありますが、すべて別の内容の動画となります。

SEOなど、DMM MARKETING CAMPの学習領域外の内容もありますが、参考になる部分もあると思いますので、時間があればチェックしてみると良いですよ。

まとめ

今回はDMMマーケティングキャンプについて、中の人に聞いたことや共有いただいたキャプチャや資料なども元に紹介させていただきました。
Webマーケターとして転職するならDMMマーケティングキャンプがおすすめですが、他にも幾つかあるWebマーケティングスクールやITビジネス学習ができる学校を比較した記事がありますので、よろしければ下記関連記事もチェックされてみてくださいね。

現役WebマーケターおすすめWebマーケティングスクール2020
本記事では、SEOを中心に現役でWebマーケターとしても活動している浅井がWebマーケティングスクールを調査し比較しました。Webマーケティングスクールに通う事をおすすめする人、選び方と7つのチェックリスト、2020年おすすめのスクールについて解りやすく紹介します。
タイトルとURLをコピーしました