ITディレクターの業務内容・役割・年収について

IT/Web業界では、ITディレクターと呼ばれる職種があります。
Webディレクターやプロジェクトマネージャーとも混同されがちですが、業務内容にどのような違いがあるのでしょうか。
本記事では、ITディレクターの業務内容・役割・年収などについて紹介します。

ITディレクターの役割

ITディレクターと一口に言っても、企業によって役割が異なりますが、IT/Web業界では以下の2つに分類されます。

組織内の情報技術を担当する責任者

1つ目は、組織内の情報技術(IT)を担当するシニアマネージャー職です。ITディレクターは最高情報責任者(Chief Information Officer。略してCIO)である事もありますが、企業の規模や組織体制が複雑になると、ITディレクターとCIOの職種を分けている会社も多くあります。

具体的な仕事内容は、社内のIT運用を効果的かつ円滑に行ったり、テクノロジーやセキュリティの要件が満たせるようにサポートしたりします。

システム開発におけるディレクション業務

1つ目のものは社内インフラにおけるお仕事でしたが、もう1つのITディレクターについては、システム開発におけるディレクター業務です。

具体的には、クライアントとSE(システムエンジニア)やプログラマーの間に経ち、システム企画・要件定義・プロジェクトマネジメント・サービス運用といったいわゆるプロジェクトマネージャーやディレクターの業務を行います。

一般的には、プログラマーからSE(システムエンジニア)、ITディレクターへとステップアップするキャリアになります。

ITディレクターとプロジェクトマネージャー・Webディレクターとの違い

ITディレクターとWebディレクター・プロジェクトマネージャーとの違いについてですが、呼称こそ違えど、役割に明確な違いはありません。

しいて挙げるのであれば、ITディレクターはNTTデータ社などのようなSIer(システムインテグレーター)に多いポジションです。
ITディレクターはプロジェクトマネージャーほど広く使われている職種では無いため、企業によっては同じ役割を担うポジションの人をプロジェクトマネージャーと呼びます。

一方で、WebディレクターはSIerよりもWeb制作会社や事業会社の事業部門に多く在籍するポジションです。
主に、Webサイト制作やスマホアプリなどの開発における企画・要件定義・スケジュール管理・サービス運用における監督/ディレクション業務を行います。

立ち位置的には、ITディレクター・プロジェクトマネージャー・Webディレクターと同じ位置で混同されることもありますが、会社の事業内容や現場での業務内容などにより違いがあります。
個人的な見解としては、ITディレクターやプロジェクトマネージャーはBtoBの業務系システム開発の現場に多く、WebディレクターはBtoCやCtoCのサービス系やクリエイティブ制作の現場に多い職種のように感じます。

ITディレクターの年収

ITディレクターの年収に関しては、役割やポジション・社歴・経験/実績などにより大きく変わります。
また、企業規模や、担当するプロジェクトの規模などによっても変わりますので一概には何とも言えません。

未経験に近い状態だと年収300万円前後の人もいれば、CIOとして活動している人は年収1000万円を超える人もいます。

タイトルとURLをコピーしました